2020.06.16

中村太地が日本人初の韓国リーグ挑戦へ…原州DBプロミへ入団決定

日本人として初めて韓国リーグへ挑戦する中村太地[写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 Bリーグは15日、中村太地が韓国バスケットボールリーグ(KBL)の原州DBプロミへ初の日本人選手として入団すると発表した。KBLは2020-21シーズンからアジア枠(初年度は日本人のみ適用)の導入を発表しているため、アジア枠での移籍となる。

 現在22歳の同選手は、190センチ83キロのポイントガード兼シューティングガード。法政大学入学後、シーホース三河富山グラウジーズ横浜ビー・コルセアーズで特別指定選手としてプレーし、2019年に京都ハンナリーズへ入団。今シーズンは41試合の出場で260得点(平均6.3得点)112アシスト(同2.7アシスト)を記録した。