2020.07.09

富山グラウジーズ、阿部友和と契約合意「東地区で暴れていきたい」

富山グラウジーズ残留が決まった阿部[写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 富山グラウジーズは9日、阿部友和との契約合意を発表した。

 福岡県出身で現在34歳の同選手は、180センチ80キロのポイントガード。大東文化大学卒業後の2008年にレラカムイ北海道(現レバンガ北海道)へ入団し、千葉ジェッツを経て2018年に富山へ加入。在籍2年目の昨シーズンは、30試合の出場で122得点(平均4.1得点)63アシスト(同2.1アシスト)を記録した。

 富山で3シーズン目を迎える阿部は、クラブ公式HPで以下のとおりコメントしている。

「今年もグラウジーズの一員として戦えることをとてもうれしく思います。

 コロナ中に大好きな祖母が亡くなり、少しでも早く実家に帰って祖母に手を合わせたいという思いをチームに汲み取って頂いて、契約発表よりも優先させてくれたことに感謝しています。それとは逆にブースターさんには発表がない事での心配やご迷惑をかけしてすみませんでした。グラウジーズでプレーすることは決まっていたので心の中では言いたくてしょうがなかったですけど、やっと発表できてうれしいです。

 チームの雰囲気も変わる今シーズンになると思いますけど、思いっきり東地区で暴れていきたいと思います。富山県全体巻き込んで楽しんでいきたいと思いますので応援よろしくお願いします!」