2020.08.28

アルバルク東京、外国籍選手・スタッフの合流状況を発表…ルカHCとアレックス・カークは合流済み

A東京のルカHCはすでにチームに合流しているという[写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 8月28日、アルバルク東京は外国籍のチームスタッフと選手の合流状況を発表した。

 発表によるとルカ・パヴィチェヴィッチヘッドコーチとアレックス・カークは8月上旬に来日し、14日間の自宅待機期間を経てすでにチームに合流している。また、イゴア・ジャレティッチアシスタントコーチは8月25日に来日しており、14日間の自宅待機期間を経てチームに合流する予定とのこと。3名ともに「特段の事情により再入国を許可」に認定され入国を果たしたという。

 一方、デュシャン・グヴォズディッチアシスタントコーチとケビン・ジョーンズ、そして今夏チームと契約したデション・トーマスの来日時期については、現時点では決まっていないと発表している。