2020.09.06

<折茂武彦のティップオフ>みなさんに勝利を 外国籍3選手の活躍期待

ジャワッド・ウィリアムズ=レバンガ北海道提供
北海道新聞・道新スポーツとバスケットボールキングのコラボ企画。レバンガ北海道の協力も得て、北海道のバスケ情報をお届けします。

 レバンガ北海道に今季、ポイントガード(PG)のジョーダン・テイラー、パワーフォワード(PF)兼センター(C)のニック・メイヨ、PFのジャワッド・ウィリアムズの外国籍選手3人が加わります。新型コロナウイルス感染防止策の一環である出入国制限の影響でまだチームに合流できていませんが、大いに活躍してくれると期待しています。

■経験豊富なジャワッド

 まずは、2007~08年にレラカムイ北海道で僕と一緒にプレーしたジャワッド。人格者でプレーもスマート。3点シュートが得意で、37歳のベテランとして攻守で貢献してくれるはずです。A東京や宇都宮にも所属し、経験豊富なので、日本でのプレーが初めてのテイラーや22歳のメイヨを、コートの内外で兄のようにサポートしてくれるでしょう。

■堅実なメイヨ

 プロ2年目のメイヨは昨季、千葉でリーグ戦19試合に出場し、1試合平均14.6得点。コンスタントに得点する能力がある、堅実なプレーヤーです。機動力があるので、堅守速攻を掲げる、今季のレバンガのバスケットのキーマンです。

■攻撃力のテイラー


 レバンガ初の外国籍PGである30歳のテイラーは、チーム全員でボールをシェアしつつ、自身もドライブでアタックすることができる、攻撃力の高い選手です。187センチとPGとして大きなテイラーを相手が複数で抑えにくれば、隙ができるので得点機会も増えるはず。Bリーグで外国籍PGは少ないので、プレーの始まりを担うPGで先手を取り、PFやCに外国籍を置く他チームに一泡吹かせられればいいなと思っています。

 日本人、外国籍ともにレバンガらしい、全員バスケットを体現できる選手を獲得できたと思っています。Bリーグの開幕まで約1カ月、みなさんに勝利をお届けできるよう、準備をしていきます。(運営会社代表)

折茂武彦のティップオフのバックナンバー

BASKETBALLKING VIDEO