2020.10.16

自慢の攻撃力で押し切りたい富山グラウジーズ、三遠ネオフェニックスはベンチワークにも注目

元バスケットボールキング編集部。主に国内バスケ(Bリーグ、高校・大学バスケ)を中心に取材活動中。バスケでオウンゴールしたことあります。

富山グラウジーズ vs 三遠ネオフェニックス(@富山県西部体育センター)

第1戦:10月17日18時5分 第2戦:10月18日13時5分

 富山グラウジーズは前節、レバンガ北海道との連戦を1勝1敗で終えた。2戦を通じて点の取り合いとなったが、第2戦では前日無得点に終わった松脇圭志が3本の3ポイントを含む15得点で勝利に貢献。ジュリアン・マブンガはフル出場で26得点15リバウンド、宇都直輝はこの試合で昨シーズン合計7本しか打たなかった3ポイントを1本成功させ、第1戦のリベンジに成功した。

 今回ホームに迎えるのは、4連敗中の三遠ネオフェニックス。三遠は前節のシーホース三河との第1戦、前半をビハインドで折り返すも第3クォーターに川嶋勇人西川貴之の活躍で計21得点を奪って逆転に成功した。しかし、最終クォーターは勝負どころで連続3ポイントを浴び、得点も前半のように停滞。55−63で試合を落とすと、第2戦では後半で26−48とされ38点差で敗戦した。

 三遠にとって富山は、昨シーズンの全5勝のうち1勝を掴み取っている相手。富山は現在B1トップとなる平均92.0得点を記録しており、勝利にはロースコアゲームに持ち込むことが重要になるだろう。ゾーンディフェンスやタイムシェアなど、強力な攻撃陣を誇る相手をどう守るのか。指揮官の采配にも注目だ。

 一方の富山は、その攻撃力を存分に発揮して三遠を押し切れるか。また、チームとしてはここまで一定のプレータイムを得ながらも、最高7得点に留まっている岡田侑大の復調のきっかけを作りたい。

文=小沼克年

■ロスター

・富山(ヘッドコーチ:浜口炎)

リチャード・ソロモン

山口祐希

阿部友和

水戸健史

宇都直輝

前田悟

松脇圭志

橋本晃佑

城宝匡史

ジュリアン・マブンガ

岡田侑大

・三遠(ヘッドコーチ:ブラニスラフ・ヴィチェンティッチ)

サーディ・ラベナ

山本柊輔

寺園脩斗

川嶋勇人

北原秀明

太田敦也

ネナド・ミリェノヴィッチ

山本浩太

岡田慎吾

西川貴之

鈴木達也

カイル・ハント

ステヴァン・イェロヴァツ

下山貴裕

この試合の他の記事

BASKETBALLKING VIDEO