2020.10.18

宇都宮ブレックスが千葉ジェッツに17点差快勝…敗れた1戦目の借りを返す

ロシター(右)らの活躍で宇都宮が勝利した[写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 10月18日、Bリーグ第3節第2戦が行われ、千葉ジェッツが船橋アリーナで宇都宮ブレックスと激突した。

 試合は千葉が佐藤卓磨のフリースローで先制すると、富樫勇樹のスリーポイントシュートが決まり、5-0とリードする。しかし、その後宇都宮が立て続けに得点を重ね、11-17と6点をリードして第1クォーターを終える。続く第2クォーターも宇都宮がリードを保つ展開となり、ジョシュ・スコットLJ・ピークらの得点で30-40と10点をリードして後半へと突入。

 第3クォーターも宇都宮の優位は変わらず。常に10点差前後で試合が推移する中、千葉のジョシュ・ダンカンが第3クォーター残り4分6秒で4つ目のパーソナルファウルを犯す苦しい展開に。宇都宮は喜多川修平がスリーポイントシュートを沈めるなどリードを広げていき、残り40秒の時点で20点差をつける。

 宇都宮が大量リードを保って迎えた最終クォーター。反撃ののろしを挙げるべく、千葉は攻勢に出たいところだったがパスミスを犯してしまい、なかなかリズムに乗り切れない。千葉が佐藤のスリーポイントシュートで追撃を図ると、逆に宇都宮の比江島慎にお返しのスリーポイントシュートを決められてしまうなど、宇都宮が流れを保ったまま終盤へと進む。千葉は差を詰めるべく速い展開のバスケットで反撃に出るが、大きく開いた得点差は埋めきることができず、結局68-85で宇都宮が勝利した。
 
■試合結果
千葉ジェッツ 宇都宮ブレックス(@船橋アリーナ)
千葉|11|19|15|23|=68
宇都宮|17|23|25|20|=85