2020.10.20

“好調”島根スサノオマジックが攻撃的な大阪エヴェッサの守備にどう対応するか

1986年生まれ。バスケットボールのライターとして3x3が得意領域。国内外のトレンドを追い、競技の歴史を紡いでいます。5人制もbjリーグ時代から、Bリーグに至るまでカバー。また毎年の楽しみは代々木のALLDAYに行くこと。

島根スサノオマジック vs 大阪エヴェッサ(@松江市総合体育館)

10月21日 19時5分

 6戦4勝と上々の開幕スタートを切った島根スサノオマジックが、ホームに大阪エヴェッサを迎える一戦。昨季限りで現役を引退した地元出身、安部潤氏の引退セレモニーに華を添えるべく、必勝を期する。

 北海道戦で連勝を飾った島根。GAME2の最終盤でミスが目立ったように、丁寧な試合運びは課題であるが、新戦力が心強い。198センチのスモールフォワードであるペリン・ビュフォードと、203センチのパワーフォワード、リード・トラビスだ。チームの得点王、デモン・ブルックスのように機動力を兼ね備え、得点やリバウンドはもちろん、ディフェンスでも足がよく動く。

 一方、大阪はいまひとつ波に乗っていけない。前節の京都戦では193センチのガード、ディージェイ・ニュービルがGAME1で34得点という強烈なデビューを印象づけたが、第4クォーターに反撃を受けて、相手に今季初白星を献上した。しかしGAME2では司令塔・伊藤達哉を中心にリングへの果敢なアタックや、リバウンドからの速攻やアーリーオフェンスが機能。1試合を通して全員がまとまると、やはり強い。

 今節のポイントは、島根が大阪に対して、どういった守備を仕掛けるのか。高さとパワーで言えば、相手が一枚上手である。特にその強みを引き出す172センチの伊藤に対して、ビュフォードがマッチアップで優位に立つと主導権を握りそうだ。北海道戦では多嶋朝飛が彼の守備に苦しんだ。対する大阪は伊藤が封じられた場合、ニュービルを起用してゲームを組み立てるだろう。個の力はあるだけに、チームオフェンスの中で良さを発揮したい。

文=大橋裕之

■ロスター
・島根(ヘッドコーチ:鈴木裕紀)
後藤翔平
橋本尚明
山下泰弘
北川弘
阿部諒
杉浦佑成
白濱僚祐
小阪彰久
デモン・ブルックス
ウィリアムスニカ
神里和

・大阪(ヘッドコーチ:天日謙作)
伊藤達哉
エリエット・ドンリー
土屋アリスター時生
角野亮伍
駒水大雅ジャック
中村浩陸
橋本拓哉
合田怜
ディージェイ・ニュービル
アイラ・ブラウン
ギャレット・スタツ
ジョシュ・ハレルソン

この試合の他の記事