2020.10.20

ロースターが確立した両クラブ。ここから一気にギアを上げたい

1986年生まれ。バスケットボールのライターとして3x3が得意領域。国内外のトレンドを追い、競技の歴史を紡いでいます。5人制もbjリーグ時代から、Bリーグに至るまでカバー。また毎年の楽しみは代々木のALLDAYに行くこと。

滋賀レイクスターズ vs 琉球ゴールデンキングス(@ウカルちゃんアリーナ)

10月21日 19時15分

 アウェイで接戦の末に今季2勝目をつかんだ滋賀レイクスターズ。4連勝で波に乗る地区3位琉球ゴールデンキングスの勢いをホームで食い止めることができるか。

 滋賀は前節、新潟を相手にGAME1を落としたが、GAME2では延長戦にもつれる展開で粘り勝ち。第4クォーターに残り1分を切って同点とされたが、続く5分間でチームのゴール下を支えるアンガス・ブラントと、合流したばかりの201センチ、ジョーダン・ハミルトンによるピック&ロールが機能して試合を決定づけた。さらにそれへ至る過程で、谷口光貴晴山ケビンの2人も勝ち越し3ポイントシュートを沈める大きな仕事をやってのけた。

 一方、琉球は開幕から4戦無敗だった秋田を敵地で撃破した。新戦力、201センチのドウェイン・エバンスは2戦連続の2ケタ得点に、力強いリバウンドと状況判断の良さをいかしたアシストを披露。GAME2は終盤に1点差まで詰められる展開となったが、ゲームトータルで秋田を上回る「15」スティールが示すようにプレッシャーをかけ続けて、最後はジャック・クーリーで押し切った。

 両チームともに新外国籍選手がそろって、ここからギアを上げていきたい。滋賀はハミルトンとブラントのコンビネーションに目途が立ちそうだが、これが琉球にも通用するか。エバンス、クーリー、満原優樹らとマッチアップが予想される。対する琉球はやや怪我人を抱えるが、相手の強みを封じつつ、リーグ2位のオフェンスリバウンド(平均12.3本)が示すように、分厚い攻撃で仕留めていきたい。

文=大橋裕之

■ロースター
・滋賀(ヘッドコーチ:ショーン・デニス)
ジョナサン・オクテウス
村上駿斗
狩俣昌也
ジョーダン・ハミルトン
晴山ケビン
今川友哲
アンガス・ブラント
谷口光貴
伊藤大司
頓宮裕人
前田怜緒

・琉球(ヘッドコーチ:藤田弘輝)
石崎巧
船生誠也
並里成
ナナーダニエル弾
ドウェイン・エバンス
岸本隆一
田代直希
今村佳太
満原優樹
小野寺祥太
キム・ティリ
ジャック・クーリー
牧隼利