2020.10.22

終盤に突き放した大阪エヴェッサが島根スサノオマジックを下す…アイラ・ブラウンが26得点の活躍

ブラウン(右)の活躍で大阪が勝利した[写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 10月21日、各地でBリーグ第4節が行われ、島根スサノオマジック大阪エヴェッサと対戦した。

 試合は互いに得点を重ね、つかず離れずの展開となるが第2クォーターに大阪のアイラ・ブラウンジョシュ・ハレルソンが得点を挙げ、38-46と8点をリードして後半へと進む。

 前半リードを許した島根は、デモン・ブルックスウィリアムスニカを中心に反撃。第3クォーターだけで29得点を挙げるが、大阪も28得点を挙げ、ハイスコアな展開に。迎えた最終クォーター、追い上げを図る島根を尻目に大阪が橋本拓哉、ブラウン、ギャレット・スタツが攻撃をけん引。島根の追撃を許さず、85-99で大阪が勝利した。

 大阪はブラウンの26得点を筆頭に5人が2ケタ得点を挙げる活躍を披露。一方、島根はブルックスが24得点を挙げたが追い上げることはできなかった。

■試合結果
島根スサノオマジック 85-99 大阪エヴェッサ(@松江市総合体育館)
島根|22|16|29|18|=85
大阪|20|26|28|25|=99

この試合の他の記事