2020.10.23

島根スサノオマジックは波に乗る相手を止められるか、ポイントは強力インサイド陣に対する守備

1986年生まれ。バスケットボールのライターとして3x3が得意領域。国内外のトレンドを追い、競技の歴史を紡いでいます。5人制もbjリーグ時代から、Bリーグに至るまでカバー。また毎年の楽しみは代々木のALLDAYに行くこと。

琉球ゴールデンキングス vs 島根スサノオマジック(@沖縄市体育館)

第1戦:10月24日19時5分 第2戦:10月25日14時5分

 地区3位の琉球ゴールデンキングスが、地区4位の島根スサノオマジックを本拠地に迎える。5連勝中の琉球にとって、結果次第ではカンファレンス1位も見てくるだけに、勢いを加速させたい。

 琉球は前節の滋賀レイクスターズ戦で立ち上がりから流れをつかんで、危なげなく勝利を収めた。第4クォーターこそ相手に32得点を許してしまったが、一時は19点差までリードを広げる戦いぶり。終わってみれば、ドウェイン・エバンスが37得点、11リバウンドのダブルダブルでチームをけん引。ジャック・クーリーはインサイドを制圧して15得点、14リバウンドを挙げた。

 一方の島根は前節、大阪エヴェッサ戦で力負け。最終クォーターにインサイドの攻撃を止めることができず、さらにはそこを起点にアウトサイドへ展開されて、3ポイントシュートを被弾。対照的にチームは勝負の10分間で3ポイントシュートを6本放つもすべて不発だった。デモン・ブルックスが24得点と奮闘したが、チームとしてはパワーと高さのある相手とマッチアップすれば、攻守に不安があることを露呈した。

 今節は島根が勢いに乗る琉球を止めることができるか。特にエバンスは状況判断に優れ、クーリーはポジション取りがうまい。ボールを持たれると後手に回るため、その前でどれだけ守備の質をあげることができるか。迎え撃つ琉球は、相手にテンポの速い攻撃を出させたくない。そのためにもディフェンスリバウンドでリーグ2位のチームから、数多くのオフェンスリバウンドをもぎ取りたい。

文=大橋裕之

■ロスター
・琉球(ヘッドコーチ:藤田弘輝)
石崎巧
船生誠也
並里成
ナナーダニエル弾
ドウェイン・エバンス
岸本隆一
田代直希
今村佳太
満原優樹
小野寺祥太
キム・ティリ
ジャック・クーリー
牧隼利

・島根(ヘッドコーチ:鈴木裕紀)
後藤翔平
橋本尚明
山下泰弘
北川弘
ペリン・ビュフォード
リード・トラビス
阿部諒
杉浦佑成
白濱僚祐
小阪彰久
デモン・ブルックス
ウィリアムスニカ
神里和

この試合の他の記事