2020.10.23

宇都宮ブレックスは3P確率を上げたい、サンロッカーズ渋谷は新戦力マカドゥのプレーに注目

元バスケットボールキング編集部。主に国内バスケ(Bリーグ、高校・大学バスケ)を中心に取材活動中。バスケでオウンゴールしたことあります。

宇都宮ブレックス vs サンロッカーズ渋谷(@栃木県立県北体育館)

第1戦:10月24日15時5分 第2戦:10月25日14時5分

 アルバルク東京vs宇都宮ブレックスのB1第4節は、第2クォーター終盤にA東京のテクニカルファウルを機に宇都宮が一歩抜け出し、7点リードで前半を終了。第3クォーターに逆転を許したが、第4クォーターはジョシュ・スコットが勝敗を分けたとも言えるオフェンスリバウンドから得点を重ね、4ファウルの比江島慎も積極的にアタックして再びリード。得点が偏ったA東京に対し、宇都宮はライアン・ロシターの16得点を筆頭に5選手が2ケタ得点を記録し、敵地でのライバル対決を制した。

 今節ホームに迎えるのはサンロッカーズ渋谷。そのSR渋谷は前節、川崎ブレイブサンダースに87−95で競り負けた。開始から激しい点取り合戦を繰り広げたが、最終クォーターで藤井祐眞に16得点を献上。勝負どころで最も乗せてはいけない男を乗せてしまった。また、21本獲得したフリースローを13本しか決められず、第3クォーターに犯した9ターンオーバーも敗因に挙げられる。

 SR渋谷は開幕から外国籍選手追加契約ルール制度により加入し、チームを支えていたムッサ・ダマが前節で退団。代わりにジェームズ・マイケル・マカドゥのデビューに期待がかかり、チャールズ・ジャクソンライアン・ケリーとの新トリオで相手インサイド陣に対抗したい。

 再び連勝街道に乗りたい宇都宮は、前節、3ポイント成功率が19分の5と精彩を欠いた印象だ。攻撃面で調子を取り戻しつつある比江島を筆頭に、遠藤祐亮喜多川修平らの長距離砲がコンスタントに決まれば4連勝も見えてくるはずだ。

文=小沼克年

■ロスター
・宇都宮(ヘッドコーチ:安齋竜三)
田臥勇太
ジェフ・ギブス
LJ・ピーク
比江島慎
テーブス海
遠藤祐亮
竹内公輔
渡邉裕規
鵤誠司
ライアン・ロシター
喜多川修平
ジョシュ・スコット

・SR渋谷(ヘッドコーチ:伊佐勉)
関野剛平
ベンドラメ礼生
チャールズ・ジャクソン
ジェームズ・マイケル・マカドゥ
渡辺竜之佑
野口大介
広瀬健太
石井講祐
山内盛久
ライアン・ケリー
盛實海翔
田渡修人

この試合の他の記事