2020.10.27

レバンガ北海道と対戦する宇都宮ブレックスは、ミスのない試合運びで5連勝を目指す

1986年生まれ。バスケットボールのライターとして3x3が得意領域。国内外のトレンドを追い、競技の歴史を紡いでいます。5人制もbjリーグ時代から、Bリーグに至るまでカバー。また毎年の楽しみは代々木のALLDAYに行くこと。

宇都宮ブレックスvsレバンガ北海道(@ブレックスアリーナ宇都宮)

 10月28日19時25分

 4連勝中で再び地区首位に立った宇都宮ブレックスは、ホームでレバンガ北海道を迎え撃つ。相手は同地区7位ではあるものの、オフェンスは昨シーズンより威力を増しているチームだ。

 宇都宮は前々節にアルバルク東京に競り勝ち、前節もSR渋谷に連勝。2戦目では第4クォーターに10点あったリードを追い付かれ、一時は逆転を許したが、残り1.5秒でライアン・ロシターがフリースローを獲得して勝ち越しに成功。勝利をつかんだ。宇都宮の土壇場の粘り強さは圧巻だったといえるが、この試合、ターンオーバーは18を数えた。敗れた10月17日の千葉戦と同様に自らのミスが、ゲームを難しくしている。

 一方で北海道は前々節の快勝から一転(秋田ノーザンハピネッツに104-79で勝利)、前節の滋賀レイクスターズとの2戦ではともに後半に逆転負けを喫した。滋賀に対して前半はリードを奪ったものの、ペイントエリアを複数で防御されてしまい、オフェンスが停滞。ディフェンスでも相手の外国籍選手に得点を許し、リバウンドでも競り負けた。得点ランキング1位(23.9点)のニック・メイヨを筆頭に、3ポイントシュート成功率が4割を超える中野司ら攻撃が好調なだけに、ディフェンスの出来がカギを握るだろう。

 今節は北海道が宇都宮へどこまでチャレンジできるか。相手はここ4試合の平均失点が71.5点と、プレッシャーの強さや連動性は今までの対戦相手で群を抜く。また良いオフェンスを生み出すため、40分間トータルでディフェンスを徹底できるかもポイントだ。

 対する宇都宮は手堅く試合を運んできたい。苦戦した試合はいずれもターンオーバーが目立っており、ミスから相手にリズムを与えないよう、コートの5人が細部までプレーにこだわりたい。

文=大橋裕之

■ロスター
・宇都宮(ヘッドコーチ:安齋竜三)
田臥勇太
ジェフ・ギブス
LJ・ピーク
比江島慎
テーブス海
遠藤祐亮
竹内公輔
渡邉裕規
鵤誠司
ライアン・ロシター
喜多川修平
ジョシュ・スコット

・北海道(ヘッドコーチ:宮永雄太
橋本竜馬
ジョーダン・テイラー
牧全
葛原大智
中野司
多嶋朝飛
ファイ・パプ月瑠
桜井良太
玉木祥護
内田旦人
ニック・メイヨ
ジャワッド・ウィリアムズ

この試合の他の記事