2020.10.27

サンロッカーズ渋谷と秋田ノーザンハピネッツ、理想的な守備で試合を制するのはどちらか

元バスケットボールキング編集部。主に国内バスケ(Bリーグ、高校・大学バスケ)を中心に取材活動中。バスケでオウンゴールしたことあります。

サンロッカーズ渋谷 vs 秋田ノーザンハピネッツ(@墨田区総合体育館)

 10月28日19時5分

 2週連続となる1試合のみの平日ナイトゲーム。サンロッカーズ渋谷は墨田区総合体育館に秋田ノーザンハピネッツを迎え撃つ。ジェームズ・マイケル・マカドゥのデビュー戦となった宇都宮ブレックスとの第5節初戦は、そのマカドゥがチームトップの15得点10リバウンドをマークしたが黒星。第1クォーターから7点ビハインドを背負うと、最大33点差をつけられる大敗を喫してしまった。第2戦は軌道修正し、最後まで1点を争う接戦に。試合終了残り1分15秒からライアン・ケリーチャールズ・ジャクソンの連続得点で3点リードを奪う。それでも、そこから3ポイントを決められ追いつかれると、残り1秒に3本のフリースローを与えてしまい1点差で白星を逃した。

 対する秋田は、試合終了間際に古川孝敏が2本のフリースローを決めきり、競り合いとなった前節第1戦を70−68で制した。この勝利で今季ホーム初勝利と連敗を3で止めると、続く第2戦は横浜ビー・コルセアーズを48得点に抑え込む堅守を発揮。20点差勝利で今節のアウェー戦へ弾みをつけた。

 3連敗中のSR渋谷はここまで3勝6敗と苦しんでおり、同じ東地区の相手には5戦中1勝のみ。序盤でこれ以上同地区の相手に黒星がかさむと、今後の戦いにも嫌なイメージがつくだけに今節の秋田戦は“一戦必勝”の精神で臨みたい。ともにアグレッシブな守備を特徴とする両チームの対決は、どちらが多くのターンオーバーを奪って得点につなげられるか注目だ。

文=小沼克年

■ロスター
・SR渋谷(ヘッドコーチ:伊佐勉)
関野剛平
ベンドラメ礼生
チャールズ・ジャクソン
ジェームズ・マイケル・マカドゥ
渡辺竜之佑
野口大介
広瀬健太
石井講祐
山内盛久
ライアン・ケリー
盛實海翔
田渡修人

・秋田(ヘッドコーチ:前田顕蔵)
大浦颯太
細谷将司
野本建吾
アレックス・デイビス
伊藤駿
中山拓哉
長谷川暢
多田武史
保岡龍斗
ハビエル・カーター
カディーム・コールビー
古川孝敏

この試合の他の記事