2020.10.27

三遠ネオフェニックスの課題はファウルの多さ、注目はイェロヴァツとサイモンのマッチアップ

2000年より、バスケットボール専門で取材活動中

三遠ネオフェニックス vs 京都ハンナリーズ(@豊橋市総合体育館)

 10月28日19時5分

 信州ブレイブウォリアーズと戦った前々節の時点で唯一白星のないチームになった三遠ネオフェニックスは、前節も昇格組の広島ドラゴンフライズと対戦。1戦目は広島から21個のターンオーバーを誘発するなどハードなディフェンスを展開したが、ファウルも量産。続く2戦目は一転してハイスコアで推移し、延長にもつれこみながらも最後は広島の高い得点力に屈した。

 2戦ともフリースローでの失点の多さが敗戦に直結したが、合流済みの外国籍選手2人は存在感があり、日本人選手の貢献度も高かった。チームが良い方向に向かっていることは間違いなく、初勝利の日は近い。

 同様に前々節まで1勝6敗と苦しんでいた京都ハンナリーズは、前節の新潟アルビレックスBBとの1戦目に今季最多の92得点でホーム初勝利。デイヴィッド・サイモンレイヴォンテ・ライスがいずれも30得点をクリアし、その破壊力をまざまざと見せつけた。その2人が2戦目も得点を重ね、第3クォーター終了時点で11点リードを奪ったにもかかわらず、第4クォーターに34失点を喫して逆転負け。連勝のチャンスを逃したのは痛かった。

 三遠は今節、もう1人の外国籍選手であるカイル・ハントが出場する可能性があり、好調の川嶋勇人らと併せてオフェンス面の向上が期待できる。京都の両外国籍選手との点の取り合いは見ものだが、一方でファウルの多さは課題。特にステヴァン・イェロヴァツがサイモンをどう守るかが勝敗のカギになってくるだろう。

文=吉川哲彦

■ロスター
・三遠(ヘッドコーチ:ブラニスラフ・ヴィチェンティッチ)
サーディ・ラベナ
山本柊輔
寺園脩斗
川嶋勇人
北原秀明
太田敦也
ネナド・ミリェノヴィッチ
山本浩太
岡田慎吾
西川貴之
鈴木達也
カイル・ハント
ステヴァン・イェロヴァツ
下山貴裕

・京都(ヘッドコーチ:小川伸也)
寺嶋良
會田圭佑
大庭岳輝
菅澤紀行
久保田義章
松井啓十郎
満田丈太郎
レイヴォンテ・ライス
石谷聡
細川一輝
ジャスティン・ハーパー
内海慎吾 ※インジュアリーリスト
永吉佑也
デイヴィッド・サイモン

この試合の他の記事