2020.10.27

前節黒星の川崎ブレイブサンダースはホームで仕切り直し、新潟アルビレックスBBは古巣凱旋の林翔太郎に期待

元バスケットボールキング編集部。主に国内バスケ(Bリーグ、高校・大学バスケ)を中心に取材活動中。バスケでオウンゴールしたことあります。

川崎ブレイブサンダース vs 新潟アルビレックスBB(@川崎市とどろきアリーナ)

 10月28日19時5分

 6連勝と好調を維持していた川崎ブレイブサンダースが、今季2敗目を喫した。ホワイトリングに乗り込んだ前節の信州ブレイブウォリアーズとの第1戦、第2クォーターで9得点に抑え込まれリードを許すと、最後まで試合をひっくり返すことができなかった。辻直人がB1通算400本成功となる節目の3ポイントシュートを記録したが、チーム全体では32本中7本成功と低迷。得点も28得点のニック・ファジーカスに偏った。第2戦は前日負傷したマティアス・カルファニを欠いた中であったが、第4クォーターで差をつけてリベンジ成功。同クォーターでは藤井祐眞大塚裕土パブロ・アギラールが攻撃をけん引した。

 今節は3節ぶりにホームに戻り、新潟アルビレックスBBとの対戦。その新潟も1勝1敗で前節を終えた。京都ハンナリーズとの2連戦はハイスコアゲームとなり、GAME1は86−92で敗戦。続くGAME2はリバウンドで13本の差をつけ、アシストも21本を記録し5点差で競り勝った。外国籍選手の得点以外にも、キャリアハイとなる18得点を挙げた納見悠仁の活躍も光った。

 新潟は今シーズンまだ連勝がなく、川崎戦との第1戦は連勝を狙う3度目のチャンス。相手の守備を攻略するには、ここまで全試合に先発出場し初の古巣凱旋となる林翔太郎の躍動が必要だ。対するホームの川崎は新潟の外国籍選手をどう抑えるか。カルファニの出場が不透明なだけにジョーダン・ヒース長谷川技熊谷尚也の働きがカギとなりそうだ。

文=小沼克年

■ロスター
・川崎(ヘッドコーチ:佐藤賢次)
藤井祐眞
青木保憲
篠山竜青
増田啓介
辻直人
マティアス・カルファニ
ニック・ファジーカス
大塚裕土
熊谷尚也
長谷川技
パブロ・アギラール
ジョーダン・ヒース

・新潟(ヘッドコーチ:福田将吾)
マーク・セントフォート
星野曹樹
大矢孝太朗
リチャード・ヘンドリックス
五十嵐圭
柏倉哲平
石井峻平
納見悠仁
佐藤公威
ロスコ・アレン
池田雄一
林翔太郎

この試合の他の記事