2020.10.27

琉球ゴールデンキングスのディフェンスを攻撃力を武器とする広島ドラゴンフライズが打破するか⁉

1986年生まれ。バスケットボールのライターとして3x3が得意領域。国内外のトレンドを追い、競技の歴史を紡いでいます。5人制もbjリーグ時代から、Bリーグに至るまでカバー。また毎年の楽しみは代々木のALLDAYに行くこと。

広島ドラゴンフライズvs琉球ゴールデンキングス(@広島サンプラザホール)

 10月28日19時5分

 B1昇格後、前節では初の連勝をマークした広島ドラゴンフライズが、地区2位に浮上した琉球ゴールデンキングスに挑む。前節の三遠ネオフェニックスとの2戦目では115-109と点の取り合いを制した広島。対する琉球のここ4試合での平均失点は74.8点。矛は盾を打ち破れるのか。

 先にもあげたように、広島は前節、三遠に2戦全勝。2戦目は今季B1最多、115得点で延長にもつれた一戦を勝ち切った。

 トーマス・ケネディの32得点を筆頭に、グレゴリー・エチェニケが25得点、13リバウンドで相手のビックマンをファウルアウトに追いやる。最後は、アイザイア・マーフィーが勝負の5分間で2本の3ポイントシュートを決めるなど、28得点を叩き出した。109失点に目をつぶることはできないが、個で打開する力が際立ったといえるだろう。

 一方の琉球は、前節の島根スサノオマジック戦で連勝。2戦目ではドウェイン・エバンスらを欠き、前半こそ苦戦したが、第3クォーターに反撃。ダブルチームでインサイドへプレッシャーをかけてボールを奪うと、そこから一気に攻め立てた。唯一の外国籍選手となったジャック・クーリーは25得点、18リバウンド、今村佳太も1戦目の22得点に続く16得点を挙げるなど、5人が2桁得点の活躍。満原優樹も35分間の出場で、手負いのチームをカバーした。

 今節も琉球はまずディフェンスにフォーカスすることが肝心だ。内外角に攻撃のタレントを擁する広島に対して、イージーにボールを持たせたくない。特に一度スイッチが入ると厄介な存在となる、ケネディやマーフィーへのマッチアップが予想される田代直希今村佳太の役割は重要だろう。

 対する広島は相手の圧力に屈せず、リングへ向かえるか。アルバルク東京川崎ブレイブサンダースに敗戦した教訓をいかしたい。

文=大橋裕之

■ロスター
・広島(ヘッドコーチ:堀田剛司)
ジャマリ・トレイラー
トーマス・ケネディ
朝山正悟
岡本飛竜
アイザイア・マーフィー
グレゴリー・エチェニケ
田渡凌
田中成也
荒尾岳
古野拓巳
谷口大智
森山修斗

・琉球(ヘッドコーチ:藤田弘輝)
石崎巧
船生誠也
並里成
ナナーダニエル弾
ドウェイン・エバンス
岸本隆一
田代直希
今村佳太
満原優樹
小野寺祥太
キム・ティリ
ジャック・クーリー
牧隼利

この試合の他の記事