2020.10.27

激戦必須の好カード、アルバルク東京を迎え撃つ千葉ジェッツは堅守から流れを呼び込みたい

元バスケットボールキング編集部。主に国内バスケ(Bリーグ、高校・大学バスケ)を中心に取材活動中。バスケでオウンゴールしたことあります。

千葉ジェッツ vs アルバルク東京(@船橋アリーナ)

 10月28日19時5分

 先週同様、今週も1試合のみの平日ナイトゲームが組まれたB1リーグ。今節の注目ガードは千葉ジェッツvsアルバルク東京による今季初対決だ。現在はともに7勝2敗で並び、東地区1位の宇都宮ブレックスとは1勝差。勝利で10月を締めくくるのは一体どちらのチームか。

 前節、名古屋ダイヤモンドドルフィンズを連破した千葉は3連勝中。2試合ともに攻撃では90点オーバー、守備では失点を70点台に抑えて快勝した。第2戦ではルーキーの赤穂雷太がホーム初得点を挙げるなど、チームの勢いは上向きだ。

 対するA東京も、前節は敵地で大阪エヴェッサから2勝を奪った。第1戦は第2クォーターで27−8と突き放し、28点差の完勝。続く第2戦は序盤で14点リードを作ったが、第2クォーターで失速して競り合いに。それでも最後の10分間で5本の3ポイントを沈め、相手の追い上げを振り切った。

 A東京は今節も引き続きアウェーでの戦い。アレックス・カークが4試合連続20得点以上と好調をキープしているが、強力なインサイド陣を要する千葉に対してはリバウンドでの貢献も必要。ケビン・ジョーンズの出場は不透明だが、カークと竹内譲次を中心にディフェンスリバウンドを確実に奪い、千葉の攻撃回数を減らしたい。

 千葉は宇都宮戦の敗戦以降、本来のディフェンスを取り戻しつつあり、今回も立ち上がりから強度の高い守備で流れを呼び込みたいところ。攻撃では今シーズン未だ2ケタ得点がないコー・フリッピン原修太らセカンドユニットの奮起も必要になるだろう。

文=小沼克年

■ロスター
・千葉(ヘッドコーチ:大野篤史)
ジョシュ・ダンカン
富樫勇樹
コー・フリッピン
田口成浩
赤穂雷太 ※特別指定
大宮宏正
西村文男
シャノン・ショーター
佐藤卓磨
藤永佳昭
ギャビン・エドワーズ
セバスチャン・サイズ
ラシードファラーズ
原修太

・A東京(ヘッドコーチ:ルカ・パヴィチェヴィッチ)
小島元基
安藤誓哉
ケビン・ジョーンズ
ザック・バランスキー
須田侑太郎
菊地祥平
竹内譲次
平岩玄
田中大貴
津山尚大
カイル・バローン
アレックス・カーク
小酒部泰暉 ※特別指定

この試合の他の記事