2020.10.27

大阪エヴェッサがシーホース三河に対抗するには駒水大雅ジャックの奮起に期待

2000年より、バスケットボール専門で取材活動中

大阪エヴェッサ vs シーホース三河(@おおきにアリーナ舞洲)

 10月28日19時5分

 前々節まで連勝して息を吹き返したかに見えたが、アルバルク東京に挑んだ前節は連敗に終わり、大阪エヴェッサは3勝6敗と再び“借金3”を背負った。

 1戦目は第2クォーターを8-27として主導権を握られると、第3クォーターは31失点。100点ゲームは免れたものの、28点差という大敗だった。2戦目も序盤で劣勢に立ち、その後はディフェンスで踏ん張っても点差を詰めては突き放される展開が続き、結局追いつくことはできなかった。2試合を通じて相手の堅守の前に持ち味の速攻を繰り出せなかったのが痛かったが、2戦目でエリエット・ドンリーがその才能の片鱗を見せたことに希望を見出したい。

 対するシーホース三河富山グラウジーズと1勝1敗。1戦目は序盤のリードを守ることができずに接戦を落としたが、2戦目は2点リードで迎えた第4クォーターに32得点と爆発。このクォーターだけで9得点を叩き出した髙橋耕陽のハッスルがチームに火をつけた。カイル・コリンズワースシェーン・ウィティングトンも本領を発揮し始め、得点力に関しては安定感が出てきそうだ。

 三河はここまでアウェーで5戦全勝。前節A東京のアウェイ連勝を6に伸ばしてしまった大阪だが、今節こそはプライドを賭けてホームを守りたい。要注意人物は、外国籍選手が揃った中でも出場時間を確保し、数字を残しているシェーファーアヴィ幸樹。対抗し得るサイズと若さを持つ駒水大雅ジャックは、ドンリーに続いて今こそ存在価値を示す時だ。

文=吉川哲彦

■ロスター
・大阪(ヘッドコーチ:天日謙作)
伊藤達哉
エリエット・ドンリー
土屋アリスター時生
角野亮伍
駒水大雅ジャック
中村浩陸
橋本拓哉
合田怜
ディージェイ・ニュービル
アイラ・ブラウン
ギャレット・スタツ
ジョシュ・ハレルソン

・三河(ヘッドコーチ:鈴木貴美一)
川村卓也
柏木真介
カイル・コリンズワース
長野誠史
高橋耕陽
熊谷航
金丸晃輔
根來新之助
シェーン・ウィティングトン
加藤寿一
シェーファーアヴィ幸樹
ダバンテ・ガードナー

この試合の他の記事