2020.10.29

終始主導権を握った大阪が三河に22点差快勝…ハレルソンが21得点10リバウンドをマーク

21得点を挙げたハレルソン[写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 10月28日、各地でBリーグ第6節が行われ、大阪エヴェッサシーホース三河と対戦した。

 試合は第1クォーターからディージェイ・ニュービルが10得点を挙げるなどして、24-18と大阪が6点のリードを奪う。続く第2クォーターも三河得点を13点に抑えつつ、ジョシュ・ハレルソン橋本拓哉らを中心に20得点を積み上げ、44-31とさらにリードを広げて後半へ。

 後半は反撃を試みる三河に対して、大阪も一層攻勢を強める展開。相手の24得点を上回る28得点を第3クォーターに積み上げ、リードしたまま最後の10分間に突入。最終クォーターもペースを変えることなく26得点を積み上げた大阪が、三河を相手に98-76と22点差をつける快勝を収めた。

 大阪はハレルソンが21得点10リバウンドをマークし、橋本とニュービルが19得点でそれに追随。三河はダバンテ・ガードナーが26得点、シェーン・ウィティングトンが23得点を挙げるも、その他の選手の得点は2ケタに届かず、今季3敗目を喫することとなった。

■試合結果
大阪エヴェッサ 98-76 シーホース三河(@おおきにアリーナ舞洲)
大阪|24|20|28|26|=98
三河|18|13|24|21|=76

この試合の他の記事