2020.11.10

前節は対照的な結果の千葉ジェッツと川崎ブレイブサンダース、両軍の3ポイントに注目

2000年より、バスケットボール専門で取材活動中

千葉ジェッツ vs 川崎ブレイブサンダース(@船橋アリーナ)

11月11日19時5分

 Bリーグ準優勝の経験を持つ両者の激突。まだシーズン序盤ではあるが、今季の優勝争いの行方を占うカードの1つだ。ただ、双方8勝2敗で迎えた前節の結果は千葉ジェッツが連勝、川崎ブレイブサンダースが連敗というものだった

 レバンガ北海道と対戦した千葉は1戦目で126得点を叩き出し、B1リーグのチーム1試合最多得点記録を塗り替えた。シュート成功率は2ポイントが8割に迫り、3ポイントも6割近い数字。シャノン・ショーターの10アシストを筆頭に30アシストも記録した。

 ギャビン・エドワーズが欠場した2戦目も、代わってスターターに抜擢された赤穂雷太が10得点を挙げるなどして快勝している。

 一方の川崎は琉球ゴールデンキングスとの1戦目でオフェンスが沈黙。3ポイント試投数が14本にとどまり、成功は増田啓介の2本のみ。アシストもチーム全体でわずか9本だった。

 2戦目は26アシストで83得点と数字の上では持ち直したが、ニック・ファジーカスの40得点に対してチームの3ポイント成功が3本と内外のバランスを欠いた。勝機はありながらも琉球の勢いに圧されて後手に回り、マティアス・カルファニ不在の影響も出た格好だ。

 千葉は現在3ポイント成功率がリーグ2位と外角も好調。対する川崎は試投数が同2位だが成功率は同ワースト3位に沈む。川崎が千葉の3ポイントを止めに行くのは当然のことながら、千葉が川崎の3ポイントをどの程度抑えにかかるかというディフェンスのバランスにも注目したい。

文=吉川哲彦

■ロスター

・千葉(ヘッドコーチ:大野篤史)

ジョシュ・ダンカン

富樫勇樹

コー・フリッピン

田口成浩

赤穂雷太 ※特別指定

大宮宏正

西村文男

シャノン・ショーター

佐藤卓磨

藤永佳昭

ギャビン・エドワーズ

セバスチャン・サイズ

ラシードファラーズ

原修太

・川崎(ヘッドコーチ:佐藤賢次)

藤井祐眞

青木保憲

篠山竜青

増田啓介

辻直人

マティアス・カルファニ ※インジュアリーリスト

ニック・ファジーカス

大塚裕土

熊谷尚也

長谷川技

パブロ・アギラール

ジョーダン・ヒース

この試合の他の記事

BASKETBALLKING VIDEO