2020.11.10

名古屋ダイヤモンドドルフィンズは10連勝で勢いに乗る琉球ゴールデンキングスを止められるか

1986年生まれ。バスケットボールのライターとして3x3が得意領域。国内外のトレンドを追い、競技の歴史を紡いでいます。5人制もbjリーグ時代から、Bリーグに至るまでカバー。また毎年の楽しみは代々木のALLDAYに行くこと。

名古屋ダイヤモンドドルフィンズ vs 琉球ゴールデンキングス(@ドルフィンズアリーナ)

11月11日 19時5分

 名古屋ダイヤモンドドルフィンズが地区首位の琉球ゴールデンキングスをホームで迎え撃つ。相手は10戦負け無し。その勢いを止めることができるか。

 名古屋Dは前節の横浜戦を勝ち切って3連勝を飾った。第1戦は先行を許したが、ゾーンディフェンスをおり交ぜながらリバウンドを奪取。攻めてはドライブからアウトサイドへパスを飛ばして3ポイントシュートを沈める得意の形でリズムを取り戻した。試合序盤の守備や、ターンオーバーの多さは気になるが、前々節も含めてゲームを通して修正をしながら勝ち星を伸ばした。

 一方、琉球は川崎との強豪対決を制して10連勝。怪我人が復帰して、第1戦では14点差をつけて完勝し、第2戦も第3クォーターにディフェンスで流れを引き寄せて、3点差で逃げ切った。6人が2桁得点を挙げたことはもちろん、並里成が反撃の狼煙を上げる好守でチームに勢いを与え、第4クォーターの最終盤に勝利を決定づけたドライブをねじ込んだ姿は印象的だった。我慢の末の2勝は彼らに自信を与えたはずだ。

 今節は地区3位と1位の上位争い。まず名古屋Dは琉球の守備に対処できるか。齋藤拓実らガード陣からはじまるピック&ロールで相手の仕掛けにひるまず、アタックを狙いたい。また守りでは川崎も手を焼いた、7試合連続でダブルダブルのジャック・クーリーが懸案となる。変化をつけながら、複数人でのカバーも必要になるだろう。対する琉球は相手の3ポイントシュートは要警戒だ。前節のように判断よく攻めたディフェンスで、プレッシャーをかけ続けたい。

文=大橋裕之

■ロスター
・名古屋D(ヘッドコーチ:梶山信吾)
小林遥太
齋藤拓実
ジェフ・エアーズ
菊池真人
張本天傑
安藤周人
レオ・ライオンズ
中東泰斗
中務敏宏
笹山貴哉
ジャスティン・バーレル
木下誠
狩野祐介

・琉球(ヘッドコーチ:藤田弘輝)
石崎巧
船生誠也
並里成
ナナーダニエル弾
ドウェイン・エバンス
岸本隆一
田代直希
今村佳太
満原優樹
小野寺祥太
キム・ティリ
ジャック・クーリー
牧隼利

この試合の他の記事