2020.11.13

連勝が6で止まった千葉ジェッツ、仕切り直しの今節はディフェンス面の修正力が問われる

元バスケットボールキング編集部。主に国内バスケ(Bリーグ、高校・大学バスケ)を中心に取材活動中。バスケでオウンゴールしたことあります。

千葉ジェッツ vs 秋田ノーザンハピネッツ(@船橋アリーナ)

第1戦:11月14日15時5分 第2戦:11月15日15時5分

 第4節の横浜ビー・コルセアーズ戦から6連勝と波に乗っていた千葉ジェッツ。だが、その連勝は前節の川崎ブレイブサンダース戦でストップした。この一戦は互いに90点オーバーの乱打戦に。千葉は競り合う展開ながらも先行し、一時11点リードを奪う。しかし、第3クォーター中盤から辻直人増田啓介ニック・ファジーカスのシュート力に手を焼き、最終クォーターで試合をひっくり返された。最終スコアは94−97。

 千葉は6選手が2ケタ得点とバランスよく得点したが、計27得点の辻、23得点を挙げた増田の2人に計10本もの3ポイントシュートを決められたのが大きく響いた。今節はもう一度ディフェンスにフォーカスを当て、堅い守備から主導権を握りたいところだ。

 千葉は今節もホームで試合が組まれ、秋田ノーザンハピネッツとの2連戦。その秋田も前節は黒星となったが、宇都宮ブレックス相手に最後までもつれる熱戦を繰り広げた。前半を7点ビハインドで折り返すも、第3クォーターは日本人選手が奮起して1点リードで終了。第4クォーターは追いつかれても再び引き離す勝負強さを見せたが、同点で迎えた試合終了残り37秒に痛恨の3ポイントを浴びて振り切られた。しかし、ベストメンバーが揃わない中でも東地区首位相手に善戦したことはポジティブに捉えるべき。この悔しさを今節にぶつけ、いい形で中断期間を迎えたい。そのためには前々節から好調をキープする伊藤駿が、引き続きチームを鼓舞できるか。また、カディーム・コールビーアレックス・デイビスのリバウンドでの貢献も重要だ。

文=小沼克年

■ロスター
・千葉(ヘッドコーチ:大野篤史)
ジョシュ・ダンカン
富樫勇樹
コー・フリッピン
田口成浩
赤穂雷太 ※特別指定
大宮宏正
西村文男
シャノン・ショーター
佐藤卓磨
藤永佳昭
ギャビン・エドワーズ
セバスチャン・サイズ
ラシードファラーズ
原修太

・秋田(ヘッドコーチ:前田顕蔵)
大浦颯太
細谷将司
野本建吾
アレックス・デイビス
伊藤駿
中山拓哉
長谷川暢
多田武史
保岡龍斗
ハビエル・カーター
カディーム・コールビー
古川孝敏

この試合の他の記事