2020.11.15

終盤に突き放した琉球が今シーズン12勝目を獲得…西地区首位を独走

琉球が今シーズン12勝目を挙げた[写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 11月15日、各地でBリーグ第9節が行われ、琉球ゴールデンキングス信州ブレイブウォリアーズが対戦した。

 試合は琉球の並里成のスリーポイントシュートで幕を開けると、ドウェイン・エバンスキム・ティリのスリーポイントシュートで得点を重ね、21-12と琉球がリードして第1クォーターが終了。しかし、続く第2Qは信州の反撃を許し、前半終了時点で36-32と4点差まで詰め寄られる。

 後半も互角の展開となり、第3Qは22-22と同点で終えるが、琉球が岸本隆一のスリーポイントシュートで徐々に信州を引き離す。結局80-71で琉球が勝利し、今シーズン12勝目を挙げた。

■試合結果
琉球ゴールデンキングス 80-71 信州ブレイブウォリアーズ(@沖縄市体育館)
琉球|21|15|22|22|=80
信州|12|20|22|17|=71