2020.12.04

両軍ともに前節黒星、大阪エヴェッサは角野亮伍と駒水大雅ジャックの奮起が不可欠

元バスケットボールキング編集部。主に国内バスケ(Bリーグ、高校・大学バスケ)を中心に取材活動中。バスケでオウンゴールしたことあります。

大阪エヴェッサ vs 宇都宮ブレックス(@おおきにアリーナ舞洲)

第1戦:12月5日15時5分 第2戦:12月6日15時5分

 前節、信州ブレイブウォリアーズと相まみえた大阪エヴェッサは、伊藤達哉選手とエリエット・ドンリーが欠場し9人での戦いを強いられた。第3クォーターまでは互角の戦いを演じるも、最終クォーターに15-21とされ再開後は黒星スタート。ジョシュ・ハレルソンアイラ・ブラウンが攻守でチームを支えたが、試合を通して3ポイントの得点が4本のみにとどまったのが悔やまれる内容となった。

 今節大阪と対戦する宇都宮ブレックスも前節は黒星。破竹の10連勝中であったが、川崎ブレイブサンダースに60-67で敗れた。この試合、宇都宮の最高得点者はライアン・ロシターの10得点と川崎に抑え込まれた形となった。チーム全体でのフリースローは22本中11本成功と精彩を欠き、アシスト数も全体でわずか10。67失点に留めたが、川崎には計24アシストをマークされ、ペイント内から38得点を奪われた。この敗戦で東地区2位の千葉ジェッツとの差は1勝差に縮まり、覇権争いは一層熾烈なると予想される。大阪戦は是が非でも連敗を阻止したいところだ。

 おおきにアリーナ舞洲に東地区首位を迎える大阪は、伊藤とドンリーの復帰が不透明。前節先発を担った5選手がいずれも30分以上プレーしており、コンディションをどこまで戻せるかも重要になってくる。引き続き9人での試合となれば、角野亮伍駒水大雅ジャックらの奮起が欠かせない。また、司令塔の中村浩陸が宇都宮のガード陣にどこまで対抗できるかもカギになるだろう。

文=小沼克年

■ロースター

・大阪(ヘッドコーチ:天日謙作)

伊藤達哉

エリエット・ドンリー

土屋アリスター時生

角野亮伍

駒水大雅ジャック

中村浩陸

橋本拓哉

合田怜

ディージェイ・ニュービル

アイラ・ブラウン

ギャレット・スタツ

ジョシュ・ハレルソン

・宇都宮(ヘッドコーチ:安齋竜三)

田臥勇太

ジェフ・ギブス

LJ・ピーク

比江島慎

テーブス海

遠藤祐亮

竹内公輔

渡邉裕規

鵤誠司

ライアン・ロシター

喜多川修平

ジョシュ・スコット

この試合の他の記事

BASKETBALLKING VIDEO