2021.01.22

激しいディフェンス合戦に期待、両軍ともにシューター陣の出来が勝敗を左右

元バスケットボールキング編集部。主に国内バスケ(Bリーグ、高校・大学バスケ)を中心に取材活動中。バスケでオウンゴールしたことあります。

秋田ノーザンハピネッツ vs 川崎ブレイブサンダース(@CNAアリーナ☆あきた)

第1戦:1月23日14時5分 第2戦:1月24日14時5分

 現在18勝9敗で東地区5位の秋田ノーザンハピネッツと、17勝10敗で同6位の川崎ブレイブサンダースがCNAアリーナ☆あきたで激突する。

 秋田はここまで5連勝と好調をキープ。前節、広島ドラゴンフライズ戦との第1戦では、同点で迎えた第4クォーターに古川孝敏が10得点を挙げる活躍を見せて2点差で競り合いをモノにした。連勝を4に伸ばすと、GAME2では第2、第3クォーターで圧倒して最終スコア97−57。全員出場、全員得点を記録して完勝を収めた。

 前節の川崎は、シーホース三河のホームに乗り込み1勝1敗。第1戦は7選手が2ケタ得点をマークして勝利したが、続く第2戦では金丸晃輔シェーファーアヴィ幸樹ダバンテ・ガードナーを止められず99失点で敗戦。それでも、1月13日に行われた「第96回天皇杯 全日本バスケットボール選手権大会」3次ラウンドでは、千葉ジェッツを第4クォーターで突き放し、計62得点に抑えこんでファイナルラウンド進出を決めた。

 秋田が勝率で引き離すか、それとも川崎が順位を逆転させる可能性もある重要な2連戦。両者ともにタイムシェアを駆使して強度を保ち続けるハードディフェンスが強みなだけに、激しい守備合戦が繰り広げられるだろう。勝負のカギは、わずかな隙を突いて射抜く3ポイントシュートか。ホームの秋田は古川と保岡龍斗、川崎は辻直人大塚裕土がキーマンになりそうだ。

文=小沼克年

■ロスター

・秋田(ヘッドコーチ:前田顕蔵)

大浦颯太

細谷将司

野本建吾

アレックス・デイビス

伊藤駿

中山拓哉

長谷川暢

多田武史

保岡龍斗

ハビエル・カーター

カディーム・コールビー

古川孝敏

・川崎(ヘッドコーチ:佐藤賢次)

藤井祐眞

米須玲音 ※特別指定

青木保憲

篠山竜青

増田啓介

辻直人

マティアス・カルファニ

ニック・ファジーカス

大塚裕土

熊谷尚也

長谷川技

パブロ・アギラール

ジョーダン・ヒース

この試合の他の記事

BASKETBALLKING VIDEO