2021.01.22

宇都宮ブレックスと千葉ジェッツによる首位決戦! ピークとショーターの攻防に注目

元バスケットボールキング編集部。主に国内バスケ(Bリーグ、高校・大学バスケ)を中心に取材活動中。バスケでオウンゴールしたことあります。

宇都宮ブレックス vs 千葉ジェッツ(@ブレックスアリーナ宇都宮)

第1戦:1月23日15時5分 第2戦:1月24日15時5分

 ともに22勝5敗で東地区をけん引する宇都宮ブレックス千葉ジェッツが、ブレックスアリーナ宇都宮で激突。レギュラーシーズンでの両者の対戦は、今節が最後となる。

「第96回天皇杯 全日本バスケットボール選手権大会」を含む年明け後の直近3試合では、3戦負けなしの宇都宮に対し、千葉は1勝2敗。宇都宮は名古屋ダイヤモンドドルフィンズとのレギュラーシーズン第16節第2戦、試合終了残り1分から5点差を追いつかれたが、最後の攻撃でLJ・ピークが相手のファウルを誘ってフリースローを獲得して77−76で白星。天皇杯3次ラウンドでは6選手が2ケタ得点を挙げ、15点差で大阪エヴェッサを振り切った。

 一方の千葉は、前節初戦で琉球ゴールデンキングスに敗戦。第2戦は初戦で17本の差をつけられたリバウンドで互角に渡り合い、6点差でリベンジを果たした。しかし、1月13日の川崎ブレイブサンダースとの天皇杯3次ラウンドでは、第4クォーターで7−20とされて10点差で敗退。リーグトップを誇る攻撃陣も計62得点しか奪えなかった。

 同勝率で迎える首位攻防戦。第3節の対戦では第1戦を千葉が、第2戦は宇都宮が制して1勝1敗。宇都宮は、前回の2連戦で計34得点を許したシャノン・ショーターへの警戒を強めたい。対する千葉も、ショーターとのマッチアップが予想されるピークを抑えられるかが1つのカギ。前回対戦時はピークが合流して間もない状況だった。だが、現在は先発として比江島慎の穴を埋める働きをしているだけに、今回のキーマンとなるだろう。

文=小沼克年

■ロスター

・宇都宮(ヘッドコーチ:安齋竜三)

田臥勇太

ジェフ・ギブス

LJ・ピーク

比江島慎

テーブス海

遠藤祐亮

竹内公輔

荒谷裕秀 ※特別指定

渡邉裕規

鵤誠司

ライアン・ロシター

喜多川修平

ジョシュ・スコット

星川堅信 ※特別指定

・千葉(ヘッドコーチ:大野篤史)

ジョシュ・ダンカン

富樫勇樹

コー・フリッピン

田口成浩

赤穂雷太 ※特別指定

大宮宏正

西村文男

シャノン・ショーター

佐藤卓磨

藤永佳昭

ギャビン・エドワーズ

セバスチャン・サイズ

ラシードファラーズ

原修太

この試合の他の記事

BASKETBALLKING VIDEO