2021.01.22

ともに下位に沈む両チーム、白星を獲得して反撃の狼煙を上げられるか

2000年より、バスケットボール専門で取材活動中

三遠ネオフェニックスvs 広島ドラゴンフライズ(@豊橋市総合体育館)

第1戦:1月23日17時5分 第2戦:1月24日14時5分

 西地区9位の三遠ネオフェニックスと、同最下位の広島ドラゴンフライズの星の差は1つ。シーズン後半に差しかかるリーグ戦再開のタイミングで激突するのは、両者にとってことさら大きな意味を持つことになる。

 三遠は前月の3連勝で向上の兆しを見せながら、その後は再び黒星が続いている状況だ。前節のサンロッカーズ渋谷戦も、1戦目は残り2分30秒の時点で11点リードと白星が手の届くところまできていたが、試合終了間際に逆転を許すまさかの展開。そのショックからか、2戦目は41点差の大敗を喫している。

 広島は第8節を最後に白星がなく14連敗中。2度のバイウィークを挟んでいるとはいえ、2カ月以上白星から遠ざかっていることになる。前節の秋田ノーザンハピネッツ戦は、三遠と同様に1戦目に勝つチャンスが大いにあったにもかかわらず2点差で落とし、2戦目は40点もの大差をつけられた。ディフェンスを立て直せない上に、生命線である得点力も陰りを見せている感がある。

 三遠は特別指定選手の津屋一球が即戦力となっているのが明るい材料。同じく特別指定選手の井上宗一郎とアマチュア契約の兪龍海も今節からベンチ登録される可能性があり、ここにネナド・ミリェノヴィッチが復帰すればチームに活気が戻るはずだ。一方の広島は、契約満了で退団したマーク・セントフォートの穴がまだ埋まっていない。前節にスターター起用された荒尾岳と、今シーズンは出場機会が限られている谷口大智を上手く使う必要があるだろう。

文=吉川哲彦

■ロスター

・三遠(ヘッドコーチ:ブラニスラフ・ヴィチェンティッチ)

サーディ・ラベナ

山本柊輔

寺園脩斗

川嶋勇人

北原秀明 ※インジュアリーリスト

太田敦也

ネナド・ミリェノヴィッチ

岡田慎吾

西川貴之

鈴木達也

兪龍海

カイル・ハント

津屋一球 ※特別指定

ステヴァン・イェロヴァツ

井上宗一郎 ※特別指定

・広島(ヘッドコーチ:堀田剛司)

ジャマリ・トレイラー

トーマス・ケネディ

朝山正悟

岡本飛竜

アイザイア・マーフィー

グレゴリー・エチェニケ

柳川幹也 ※特別指定

田渡凌

田中成也

荒尾岳

古野拓巳

佐土原遼 ※特別指定

谷口大智

森山修斗

この試合の他の記事

BASKETBALLKING VIDEO