2021.01.26

約3カ月ぶりの対戦となる両チーム、どちらも勝利してリズムをつかみたいところ

1986年生まれ。バスケットボールのライターとして3x3が得意領域。国内外のトレンドを追い、競技の歴史を紡いでいます。5人制もbjリーグ時代から、Bリーグに至るまでカバー。また毎年の楽しみは代々木のALLDAYに行くこと。

琉球ゴールデンキングスvs 滋賀レイクスターズ(@沖縄市体育館)

1月27日18時5分

 西地区2位の琉球ゴールデンキングスのホームで、2021年の初勝利が欲しい西地区6位の滋賀レイクスターズが挑む。

 琉球は前節、京都ハンナリーズに1勝1敗。2戦ともに最後まで接戦となり、第1戦こそドウェイン・エバンスが終盤に3ポイントを決めて逆転勝ちをたぐりよせたが、第2戦は追いつくことができず2点差で敗れた。キングスにしてはターンオーバーからの失点や、やや積極性に欠けたプレーがあった印象。リズムが良くない中でも土壇場で勝利の可能性を見出す展開に持ち込んだ一方で、課題が残る一戦になった。

 一方、滋賀は前節、サンロッカーズ渋谷戦に敗れ4連敗。相手の激しいディフェンスに対して2戦ともに20個を超えるターンオーバーを犯し、試合を難しくしてしまった。それでも第2戦では最大26点差を7点差まで詰める意地を見せている。ジョーダン・ハミルトンジョナサン・オクテウスがドライブで力強い突破を仕掛け、筑波大学からの特別指定選手、野本大智もスティールや素早いボールプッシュで流れを呼び込んだことは、収穫に挙げられる。

 今節、両チームの対戦は今シーズン2度目を迎える。前回は第4節(昨年10月21日)にさかのぼり、琉球が89-77で勝利を収めている。エバンスがシーズンハイの37得点をマークし、チームのオフェンスリバウンドも15を数えた。滋賀はこの敗因を糧に臨みたい。対する琉球は、前回勝ったものの相手に11本の3ポイントを与えたことは修正点に挙げられる。40分間隙の無いディフェンスを仕掛け、再びリズムに乗っていけるか注目だ。

文=大橋裕之

■ロスター

・琉球(ヘッドコーチ:藤田弘輝)

石崎巧

船生誠也

並里成

ナナーダニエル弾

ドウェイン・エバンス

岸本隆一

セドリック・シモンズ

田代直希

今村佳太

ハーパー ジャン ジュニア ※特別指定

満原優樹

小野寺祥太

キム・ティリ ※インジュアリーリスト

ジャック・クーリー

牧隼利

・滋賀(ヘッドコーチ:ショーン・デニス)

ジョナサン・オクテウス

村上駿斗

狩俣昌也

ジョーダン・ハミルトン

晴山ケビン

今川友哲

アンガス・ブラント

谷口光貴

野本大智 ※特別指定

伊藤大司

頓宮裕人

前田怜緒

この試合の他の記事

BASKETBALLKING VIDEO