2021.01.27

要所で西村文男の3ポイントが炸裂…横浜を突き放した千葉が11点差で勝利

西村は今シーズン最多となる17得点をマーク[写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 1月27日、各地でBリーグ第18節が行われ、千葉ジェッツ横浜ビー・コルセアーズと対戦した。

 立ち上がりは拮抗した展開となるも、富樫勇樹セバスチャン・サイズらが得点を積み重ねた千葉が24-20と4点リードで第1クォーターが終了。続く第2クォーターも西村文男らがスコアを伸ばし、千葉はチームとして20得点をマーク。守っては横浜の得点を14点に抑え、44-34と10点差で前半を終える。

 後半もディフェンスが冴える千葉。横浜の得点を13点に抑えつつ、西村の3ポイントなどで着実にリードを広げていく。62-47で迎えた最後の10分間には横浜の猛追に遭うも、要所で突き放し追いつくことは許さず。最終スコア75-64で千葉が横浜を下した。

 千葉はサイズが19得点14リバウンド、西村が今シーズン最多となる17得点をマーク。横浜は森川正明が高いシュート決定率で18得点、パトリック・アウダが13得点11リバウンドとダブルダブルを達成するも、3連敗を喫することとなった。

■試合結果

千葉ジェッツ 75-64 横浜ビー・コルセアーズ(@船橋アリーナ)

千葉|24|20|18|13|=75

横浜|20|14|13|17|=64

この試合の他の記事

BASKETBALLKING VIDEO