2021.02.26

注目の京阪ダービー、京都ハンナリーズは弱点のリバウンドを克服できるか

1986年生まれ。バスケットボールのライターとして3x3が得意領域。国内外のトレンドを追い、競技の歴史を紡いでいます。5人制もbjリーグ時代から、Bリーグに至るまでカバー。また毎年の楽しみは代々木のALLDAYに行くこと。

京都ハンナリーズvs大阪エヴェッサ(@ハンナリーズアリーナ)
第1戦:2月27日15時5分 第2戦:2月28日14時5分

 京阪ダービーの今シーズン第2戦目。西地区8位の京都ハンナリーズがホームで同4位の大阪エヴェッサを迎え撃つ。

 京都は前節、宇都宮ブレックス戦で2連敗を喫したが、両日ともに失点を70点台に抑え、第2戦は4クォーター終盤に勝ち越し点を奪うなど好ゲームを演じた。大黒柱のデイヴィッド・サイモンを欠きながらも、ディフェンスが機能することで寺嶋良レイヴォンテ・ライスのガード陣から始まる良いオフェンスへとつながっている。リバウンドなど球際の攻防に課題を残したものの、浮上まであとひと息と言っていいだろう。

 一方の大阪は前節アウェーの富山グラウジーズ戦で連勝を3に伸ばし、チャンピオンシップ進出圏内にいる同地区3位・名古屋ダイヤモンドドルフィンズとのゲーム差を1に詰めた。試合のハイライトを振り返ると、ディージェイ・ニュービル橋本拓哉の得点シーンを思い起こさせるが、攻防の起点となるリバウンドの局面でアイラ・ブラウンギャレット・スタツが粘り強くボールを回収していることも見逃してはならない。

 ここで前回のダービーをレビューしておくと、第1戦は京都が先勝。ライスがデビュー戦ながら32得点を叩き出し、今シーズン初勝利を引き寄せた試合だった。しかし、第2戦は大阪がブラウンの17リバウンドを筆頭に球際の争いで優位に立ちリベンジに成功している。京都は今節、勝利を収めるためにはウィークポイントのリバウンドを克服できるか。ジャスティン・ハーパー永吉佑也らインサイド陣の奮起にかかっている。

文=大橋裕之

■ロスター
・京都(ヘッドコーチ:小川伸也)
寺嶋良
會田圭佑
大庭岳輝
久保田義章
松井啓十郎
満田丈太郎
レイヴォンテ・ライス
石谷聡
細川一輝
ジャスティン・ハーパー
内海慎吾
永吉佑也
デイヴィッド・サイモン

・大阪(ヘッドコーチ:天日謙作)
伊藤達哉
エリエット・ドンリー
土屋アリスター時生
角野亮伍
藤本巧太
駒水大雅ジャック
高島紳司 ※特別指定
中村浩陸
橋本拓哉
合田怜 ※インジュアリーリスト
ディージェイ・ニュービル
アイラ・ブラウン
ギャレット・スタツ
ジョシュ・ハレルソン

この試合の他の記事

BASKETBALLKING VIDEO