2021.03.23

今月初のホーム戦を戦う信州ブレイブウォリアーズ、相手の堅いディフェンスをかいくぐれるか

2000年より、バスケットボール専門で取材活動中

信州ブレイブウォリアーズvs琉球ゴールデンキングス(@ホワイトリング)
3月24日19時5分

 B1では初対戦となった前節の島根スサノオマジック戦を、信州ブレイブウォリアーズは1勝1敗で終えた。第1戦はジョシュ・ホーキンソンが3ポイントシュート6本成功、フリースローは10本すべて成功とシュートタッチが良かったこともあり、延長とはいえ今シーズン最多の95得点を叩き出して勝利。かつてのホームに凱旋した山本エドワードも16得点で西山達哉の欠場をカバーした。第2戦は、実に43本にのぼった3ポイントシュートが9本しか決まらず、セカンドチャンスをものにできなかったことも響いて連勝はならなかった。3月のここまでの5試合はすべてアウェー。今節ようやくホームで戦うことになる。

 その相手、琉球ゴールデンキングスは逆に3月の5試合はすべてホームで戦い、しかも全勝している。前節の広島ドラゴンフライズ戦は2戦とも第1クォーターにディフェンスで相手の出鼻をくじいた形だった。並里成の欠場というアクシデントをものともせず、岸本隆一ジャック・クーリーを筆頭に個々が役割を忠実に遂行。チャンピオンシップ進出と西地区優勝にも順調に近づいている。

 信州は3月の5試合で、3ポイントシュート試投数が最も少なかったのが36本。開幕当初から30本を超えていた1試合平均本数はさらに増加傾向にあるが、今シーズン3度の琉球との対戦では最多で26本だった。琉球のディフェンスをどうかいくぐるか、そして岸本や田代直希といった相手のシューター陣をどう抑えるかという点が見どころになりそうだ。

文=吉川哲彦

■ロスター
・信州(ヘッドコーチ:勝久マイケル)
山本エドワード
井上裕介
西山達哉
栗原ルイス
武井弘明
佐藤託矢
大崎裕太
ジョシュ・ホーキンソン
ヤンジェミン
三ツ井利也
小野龍猛
ウェイン・マーシャル
アンソニー・マクヘンリー

・琉球(ヘッドコーチ:藤田弘輝)
石崎巧
船生誠也
並里成
ドウェイン・エバンス
岸本隆一
セドリック・シモンズ ※インジュアリーリスト
田代直希
今村佳太
満原優樹
小野寺祥太
キム・ティリ
ジャック・クーリー
牧隼利

この試合の他の記事

BASKETBALLKING VIDEO