2021.03.28

宇都宮が三遠に32点差大勝…ロスター全員が得点した宇都宮が首位独走

14得点でチームを勝利に導いたロシター(写真は3月27日)[写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 3月28日、各地でB1リーグ第29節が行われ、東地区首位の宇都宮ブレックスはホームで西地区9位の三遠ネオフェニックスと対戦した。

 前半、立ち上がりは両チームとも得点を重ね、互角の展開となるが、第1クォーター中盤、宇都宮のライアン・ロシターの得点を皮切りにジョシュ・スコットテーブス海比江島慎らが一気に加点。三遠を突き放した宇都宮が32-17とリードして第1クォーターが終了。

 続く第2クォーターは竹内公輔が立て続けに得点して宇都宮が流れをつかむと、スコットやLJ・ピークがそれに加勢。勢いそのままに得点を重ねる宇都宮が60-36と点差を広げてハーフタイムへ。

 迎えた第3クォーターは、三遠のハントに先制を許すも、スコットやピークが堅実に得点を伸ばす。さらに宇都宮はテーブスや比江島らも得点を2ケタにのせ、81-47と大きく差を広げて最終クォーターへ。

 第4クォーターは三遠のネナド・ミリェノヴィッチ、ハントに得点を許すシーンがあったものの、スコットやロシターが手堅く加点し、リードを明け渡さず試合終了。96-64と東地区首位の実力を見せつける試合となった。

 宇都宮はスコット、ロシターを筆頭に5選手が2ケタ得点を記録したほか、ロスター全員が得点を記録。磐石の試合運びが光った。三遠はカイル・ハントが28得点10リバウンド、ミリェノヴィッチが15得点、川嶋が13得点を記録したが、そのほかの選手の得点が伸びず、手痛い敗戦となった。

■試合結果
宇都宮ブレックス 96-64 三遠ネオフェニックス(@ブレックスアリーナ宇都宮)
宇都宮|32|28|23|13|=96
三遠 |17|19|11|17|=64

BASKETBALLKING VIDEO