2021.04.18

ビュフォード、ブルックスの活躍で島根が快勝…B1昇格以来初の4連勝を達成

厳しいマークにあいながらもシュートを決めたペリン・ビュフォード [写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 4月18日、各地でB1リーグ第34節が開催され、島根スサノオマジック広島ドラゴンフライズと対戦した。

 試合開始からともにシュートを決めきれず、第1クォーターは14−11とロースコアの展開となる。第2クォーター、島根は5分間も得点を挙げられない中、広島は谷口大智が3ポイントシュートを決めるなど11−0のランでリードを広げていった。

 島根はペリン・ビュフォードがこのクォーター初得点となる3ポイントシュートを決めると、すかさずデモン・ブルックス杉浦佑成が続き、同点に追いつく。しかし、そこからさらに攻撃を仕掛けたい場面でターンオーバーが出てしまい、得点のチャンスを活かせない。前半は22−27と5点ビハインドで後半へ。

 第3クォーターも重い展開が続く中、次第にペースをつかんでいったのが島根だった。そして
最後の10分間、ブルックスのシュートを皮切りに、11連続得点のパフォーマンスを見せて逆転に成功する。その後も、ブルックス、ビュフォードが確実に加点。第4クォーターに32得点の猛攻を見せた島根が72−58で勝利した。

 島根はB1昇格以来、初となる4連勝を達成。ビュフォードが24得点6アシスト、ブルックスが24得点14リバウンドのダブルダブルの活躍を見せて勝利に貢献した。

■試合結果
島根スサノオマジック 72-58 広島ドラゴンフライズ(@カミアリーナ)
島根|14|8|18|32|=72
広島|11|16|13|18|=58

BASKETBALLKING VIDEO