2021.06.18

北海道がアジア圏でのプレー経験が豊富なアメリカ出身のセンターを獲得

北海道と契約を結んだショーン・ロング[写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

 レバンガ北海道は18日、ショーン・ロングと2021−22シーズンの契約を結んだと発表した。

 アメリカ出身で現在28歳の同選手は、208センチ112キロのパワーフォワード兼センター。2016−17シーズンにフィラデルフィア・セブンティシクサーズでプレーし、その後中国やオーストラリアなどを渡り歩いた。今シーズンは韓国リーグでプレーし、1試合平均21.3得点10.8リバウンドを記録。得点王と外国籍選手のMVPを獲得した。

 ロングは加入にあたり、クラブ公式HPで以下のとおりコメントしている。

レバンガ北海道でプレーすること、そして日本という新天地でキャリアの新しい章を迎えられることに興奮しています。素晴らしいシーズンとなることに自信を持っていますし、クラブとファンのために自分のすべてを尽くすと誓います。皆さんにお会いできるのを楽しみにしています。よろしくお願いいたします!」

BASKETBALLKING VIDEO