2021.06.29

群馬の新指揮官にトーマス・ウィスマン氏が就任「勝負したいという気持ちに火がついた」

群馬のヘッドコーチに就任したトーマス・ウィスマン氏(写真は2019年)[写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 群馬クレインサンダーズは29日、トーマス・ウィスマン氏がヘッドコーチに就任すると発表した。

 アメリカ出身で現在72歳の同氏は、1988年にいすゞ自動車のアソシエイトヘッドコーチに就任。その後JOMOサンフラワーズ(現ENEOSサンフラワーズ)や男子日本代表ヘッドコーチなどを歴任し、2016年に栃木ブレックス(現宇都宮ブレックス)の指揮官としてBリーグ初代王者へ導いた。2018年からは横浜ビー・コルセアーズのヘッドコーチを務めたが、2019-20シーズン途中に契約解除。今年1月から東京Zのチームコンサルタントを務めていたが、先日退任が発表されてていた。

 ウィスマン氏は就任に際してクラブ公式HPでコメントを発表。「正直なところ、今シーズンはヘッドコーチとしての仕事を優先的に探していたわけではない」というが、「吉田GMと話をして、彼のビジョンや彼の編成を聞いて、自分の中の勝負をしたいという気持ちに火がつき、このクラブの一員になりたいとすぐに思いました」と就任に至った理由を語った。そして、「早く皆さんと一緒にこのクラブをB1トップに築き上げていくことが待ち遠しいです。それでは、太田で会いましょう」とファンへメッセージを送った。

 

BASKETBALLKING VIDEO