2021.10.15

<折茂武彦のティップオフ>本気(マジ)で日本一目指します

北海道新聞・道新スポーツとバスケットボールキングのコラボ企画。レバンガ北海道の協力も得て、北海道のバスケ情報をお届けします。

 今季のB1が9月末に開幕します。チームは5人の新戦力と佐古賢一新ヘッドコーチ(HC)を迎えて調整は順調。今まで以上にわくわくした気持ちがあり、日本一を本気で目指していきます。

■今季も堅守速攻がテーマ

 今季も堅守速攻をテーマに戦います。粘り強い守備をする選手が多いので、まずは守備を固めてリバウンドをしっかり取る。そして速いテンポでボールを運びゴールに迫ります。それをシーズン通して徹底したいです。目立ったスーパースターはいませんが、ハードワークをする選手がそろっているのが強みです。

 昨季は平均リバウンド数がB1全クラブで最少と課題になりましたが、エース候補のショーン・ロング、4季ぶりにレバンガに復帰したダニエル・ミラー、島根から加入したデモン・ブルックスの外国籍選手3人はリバウンドに強いので改善に期待できそうです。玉木祥護ナナーダニエル弾らの若手も体を張って貢献してほしいです。

 チーム開幕カードは10月2、3日のアウェー広島戦。広島は昨季レバンガの選手としてB1得点王になったニック・メイヨを獲得するなど補強を進め、がらっと違うチームになった印象ですが、引かずに自分たちのバスケを遂行できればチャンスが増えるはず。主将の橋本竜馬、ベテランの桜井良太がチームをまとめてほしいです。

■ホーム開幕は10月16、17日

 ホーム開幕カードは10月16、17日に北海きたえーるで行う新潟戦。できればアウェー4連戦に全勝して迎えたいところです。そしてファンの方々に今季のレバンガは違うな、おもしろいな、と思わせるプレーを見せたいですね。

 一方、ホーム試合の平均観客数は、昨季は1771人と新型コロナウイルスの影響を差し引いても思うように伸びませんでした。今季は昨季と同じく観客上限が半分に制限されても、上限の約3千人には近づけるように知恵を絞りたいです。(運営会社代表)

折茂武彦のティップオフのバックナンバー

BASKETBALLKING VIDEO