2021.10.25

B1最速で3P通算600本成功を達成した富樫勇樹「自信にしていいことかなと…」

B1最速で通算600本の3ポイントシュートを決めた富樫[写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 10月24日、Bリーグの第4節が行われ、千葉ジェッツはホームでアルバルク東京と対戦。第1クォーターから大きくリードを奪った千葉が、88-71で勝利を飾った。

 スタメン出場した富樫勇樹は、4本の3ポイントシュートを含む26得点6アシスト1スティールをマーク。さらに、この試合でB1史上最速となる3ポイント通算600回を成功させた。

 記念すべき600本目の長距離砲は、第1クォーター終了間際に生まれた。A東京の田中大貴とマッチアップするなか、ギャビン・エドワーズのスクリーンを巧みに使うと、鋭いクロスオーバーからプルアップシュートを放つ。その3ポイントが見事に決まり、B1最速での記録達成となった。

 試合後にメディア対応を行った富樫は「もうショットクロックがないので、ラストのシュートを打とうと、それだけでした。ピックを使って、大貴選手が遅れてきたのが見えたので、ドライブに行くフェイントをしてからのシュートだったと思います。今後もああいった場面はあるので、そこは責任を持ってやっていきたいです」と600本目の3ポイント成功について、冷静に振り返った。

 それでも、「得点の部分は自分のプロとしての持ち味の一つなので、Bリーグの中で最速で600本を決められたことは、自信にしていいことかなと思います」と語り、最速での記録達成には胸を張った。

 また、「自分がこのサイズでやっていく上で、シュートエリアを広げないといけないと思った」と話す富樫は、今夏から3ポイントの練習を多く取り入れるようになったと明かした。

「これまでもワークアウトの一部には取り入れていたんですけど、東京オリンピックの代表のときから、毎練習後に3ポイントラインから離れたところから打つ練習をしてきました。リーグ戦が始まってから、去年よりもそういうシュートの本数は増えていて、より自信を持って確率良く打てるシュートになったかなと思います」

 リーグが開幕して8試合すべてにスタメン出場している富樫は、ここまで計24本の3ポイントを沈めた。さらに、第2節の群馬クレインサンダーズ戦では2試合連続で6本の長距離砲を決めるなど、練習の成果は形となって現れている。武器に磨きをかけた、王者・千葉の司令塔は、これまで以上に相手チームを悩ませる脅威となるだろう。

この試合の他の記事

BASKETBALLKING VIDEO