2021.12.21

大東文化大の高島紳司が大阪エヴェッサに加入…昨季に続き特別指定選手契約

昨季も大阪でプレーした高島が特別指定選手として加入(写真は2020-21シーズン)[写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 12月21日、大阪エヴェッサは大東文化大学3年の高島紳司が特別指定選手として加入することを発表した。背番号は昨シーズンに引き続き「12」となる予定だ。

 大阪府出身で現在21歳の高島は、191センチ81キロのシューティングガード。地元大阪の東大阪市立枚岡中学校から北陸高校、大東文化大学と進み、2年次に大阪に特別指定選手として加入。昨シーズンは9試合の出場で48得点(平均5.3得点)12アシスト(同1.3アシスト)を記録した。

 同選手は、「昨シーズンに引き続き、またこのチームでプレーできることをうれしく思います。少しでも勝利に貢献し、さらにレベルアップできるように頑張ります。応援よろしくお願いします」とクラブを通じてコメント。

 クラブの阿部達也ゼネラルマネージャーは「試合をするたびに成長し、大学に戻ってからも春のトーナメント、リーグ戦そしてインカレと成長を続けています」と評価。「即戦力としての活躍を期待すると同時に、Bリーグでの経験を通じて今後の大阪エヴェッサを担う選手に成長してくれることを願っています」と話していた。

 

BASKETBALLKING VIDEO