2022.03.12

<レバトーク②>山口颯斗 オフの過ごし方 一番行きたい場所は…

Bリーグ1部宇都宮戦で橋本竜馬主将とコミュニケーションを取る山口(右)=2021年11月7日
北海道新聞・道新スポーツとバスケットボールキングのコラボ企画。レバンガ北海道の協力も得て、北海道のバスケ情報をお届けします。

 オフの日は、ドライブに出かけることが多いです。今は新型コロナウイルスの感染状況が悪化しているので、なかなか外に出るのは難しいですが、感染状況が落ち着いているときは北海道内の名所やグルメ巡りをよくしていました。

 一番感動した名所は、「青い池」(上川管内美瑛町)です。本当にきれいでびっくりしました。近くで売っている青いソフトクリームがおいしかったです。富良野のラベンダー畑も広くて驚きました。あとは北大のイチョウ並木、定山渓温泉街の景色も良かったです。

中野司さんと一緒が多い

 出身の栃木県も畑と山が多く自然豊かですが、北海道はスケールが全然違うなと思います。

 あとは食べ物がおいしいです。実家が中華料理屋ということもあってラーメンはもともと好きでしたが、北海道に来てからは海鮮をよく食べるようになりました。チームメートとはシーズンオフのコロナ感染が落ち着いていた時期に食事に行く機会が多かった。(中野)司さんと行くことが多いです。

Bリーグ1部大阪戦で精力的にディフェンスする山口(右)=2021年12月11日

 1人でふらっと行くことも少なくないです。オフの日に寝ていて、何もしないのももったいないと思って調べて行きます。観光では今、一番行きたい場所は稚内ですね。最北端の景色を一度見てみたいです。

■ゲーム熱は薄れた

 家にいるときは1人でゲームをすることが多いですね。(ストーリー性がある)RPG(ロールプレーイングゲーム)や野球ゲームは昔からしています。新作も買ったりします。やり始めたら止まらないです。ソファに寝っ転がって。リフレッシュとは違う感じです。
 
 小学生のときからゲームは好きでした。でも当時は家に(バスケットの)リングがあり、バスケ第一の生活。自主練習しないと親に怒られたので、おのずとゲームの時間は少なかったんです。本当はもっとやりたかったんですけど。それでも年齢を重ねるにつれて、ゲーム熱は当時より薄れています。不思議ですね。

BASKETBALLKING VIDEO