2022.05.26

広島がフィリピン人ビッグマン、ジャスティン・バルタザールとの契約合意を発表

広島との契約合意が発表されたジャスティン・バルタザール[写真]=fiba.com
国内外のバスケ情報をお届け!

 広島ドラゴンフライズは26日、ジャスティン・バルタザールと2022-23シーズンの契約に合意したと発表した。

 フィリピン出身で現在25歳の同選手は、207センチ113キロのパワーフォワードで、今シーズンまで同国の大学でプレー。また、フィリピン代表としても活躍しており、「FIBAアジアカップ2021予選」では5試合の出場で平均7.4得点7.8リバウンド1.8アシストをマークした。

 同選手は加入にあたり、クラブを通じて「チー ムの一員になれたことはとても光栄です。このご縁は一生忘れませんし、クラブのために全力で貢献したいと思います」とコメント。

 また、同クラブの岡崎修司ゼネラルマネージャーは、「207センチの身長かつ、長い手足を生かし、粘り強くリバウンドに入ることができるだけでなく、アウトサイドシュートも得意ですので、オフェンスのバリエーションが増えていくと確信しています」と語り、「さらには、ディフェンスへの意識が非常に高いこと、バスケットボールIQも高いということから、チーム加入後も早期にチームの戦術を落とし込むことが可能になると考えております」と期待を寄せた。

BASKETBALLKING VIDEO