2020.04.15

財政危機に直面した香川ファイブアローズ、再建に向けクラウドファンディングに挑戦

クラブ再建のため、クラウドファンディングに挑戦する香川[写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 4月15日、香川ファイブアローズがクラブの財政危機からの再建を目的としたクラウドファンディングの開始を発表した。

 今シーズン、元ニュージーランド代表ヘッドコーチのポール・ヘナレ氏を新指揮官に迎えた香川は、B2リーグ第28節終了時点で西地区2位の位置につける好調なシーズンを過ごしていた。しかし、新型コロナウイルス感染症の感染拡大を受け、Bリーグはシーズン半ばで終了。これにより本来得られるはずだった観客動員収益を失った香川は、財政危機に直面することとなった。

 今回のクラウドファンディングは、そうした危機的状況からクラブを再建することを目的としたもの。集まった支援金は「香川県高松市中心部に位置する廃校になってしまった小学校の体育館を、香川ファイブアローズの専用体育館として復活させ、地域の方々にもご利用いただけるように改築」するためにも利用されるという。また、「クラブが再建したあかつきには、新型コロナウイルスの感染拡大で苦しむ人たちを支援するため、来シーズンの収益金の一部を寄付」することも併せて発表されている。

 募集期間は5月30日まで、目標金額は1,000万円に設定されている。