2020.07.31

西宮ストークス、デクアン・ジョーンズを獲得…過去には千葉でもプレー

西宮ストークスへ入団するデクアン・ジョーンズ(写真は2013年のもの)[写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

 西宮ストークスは31日、デクアン・ジョーンズとの契約合意を発表した。背番号は「18」に決定している。

 アメリカ出身で現在30歳の同選手は、203センチ100キロのスモールフォワード兼パワーフォワード。2012年にNBAのオーランド・マジックでプロキャリアをスタートさせ、イタリアやフランス、イスラエルなどで活躍。2015-16シーズンには当時NBLの千葉ジェッツでプレーした経験を持つ。昨シーズンはイタリア1部のアリアンツ・パラカネストロ・トリエステでプレーし、1試合平均14得点、3ポイント平均34.9%、平均3.9リバウンドを記録した。

 ジョーンズは加入にあたり、クラブ公式HPで「西宮でプロ選手としてのキャリアを継続できることを、とてもうれしく思います。思い入れのある大好きな日本に戻って、街を探検するのが待ち遠しいです。必ず素晴らしいシーズンになると思います。そして、チームの勝利に貢献できることを楽しみにしています。Go Storks!」とコメント。

 西宮の渡瀬吾郎社長は、「2014-15シーズンでは、イタリアリーグのチームでシェイク・ムボジ選手と共にプレーをしており、2015-16シーズンでは千葉ジェッツでも在籍していたので、日本に馴染みがあることから、大きなパフォーマンを発揮してくれることを期待しています。身体能力を活かした迫力のあるバスケでファンを魅了すると思います」と期待を寄せた。