2021.06.25

ソウ・シェリフが越谷に移籍…6シーズン在籍したFE名古屋に別れ

今シーズンは1試合平均5.2得点を記録した[写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 越谷アルファ―ズは25日、ソウ・シェリフと2021-22シーズンの選手契約合意を発表した。

 セネガル出身で日本国籍を持つソウは、201センチ90キロのスモールフォワード兼パワーフォワード。天理大学を卒業後、2015年に豊田通商ファイティングイーグルス(現ファイティングイーグルス名古屋)に入団。今シーズンはレギュラーシーズン53試合に出場し、276得点(平均5.2得点)182リバウンド(同3.4リバウンド)62アシスト(同1.2アシスト)をマークした。

 入団からFE名古屋一筋のソウは、今回が初めての移籍となる。越谷との契約について、「越谷に関わる全ての方々に応援したいと思ってもらえるような選手に、そしてB2で優勝し、B1に昇格する事に貢献できるように頑張ります。ブースターの皆さん、応援宜しくお願いいたします」とコメントを残した。

 また、同チームの青野ジェネラルマネージャーもソウに対して以下のように期待を寄せている。

「彼はまだまだ伸びる選手です。アップテンポのバスケットができることは明確ですが、彼の周りが活きるために犠牲になれる気配りで、かつて桜木コーチ(桜木ジェイアール)が周りを輝かせていたパスワークも継承してほしいです」

BASKETBALLKING VIDEO