2017.12.12

ウインターカップ男子注目選手(1)祝俊成(帝京長岡高校)「変幻自在のポイントガード」

抜群のボールハンドリングスキルを兼ね備える祝。「金メダルしか欲しくない」と意気込む [写真]=山口剛生
大学時代より取材活動を開始し、『中学・高校バスケットボール』編集部を経て独立。メインフィールドである育成世代から国内バスケット全体を見つめる"永遠のバスケ素人"。

12月23日から29日の期間、東京体育館において、「ウインターカップ2017 平成29年度 第70回全国高等学校バスケットボール選手権大会」が開催される。全国高等学校総合体育大会(インターハイ)、国民体育大会(国体)とともに高校バスケットボール界の三大タイトルであり、ウインターカップは高校最後の王座を争う大会でもある。そして、昨年9月からBリーグが始まったと言えども、高校最後の栄冠を争うこの大会が、国内で最も人気があるバスケットボールコンテンツと言っても過言ではない。バスケットボールキング編集部では今大会で注目すべき5選手をピックアップした。

■(1)祝俊成(帝京長岡高校/新潟県)

 帝京長岡が誇る変幻自在のポイントガードだ。抜群のボールハンドリングスキルから的確に味方へのパスを繰りだしたかと思いきや、170センチに満たない小柄な体格で切れ味鋭くゴール下に切りこみ、アウトサイドからも強気に得点を奪う。前大会でもスタメンを務めており、ダブルオーバータイムとの末に敗れた準決勝の福岡第一高校(福岡県)戦では、下級生ながら唯一試合をとおしてコートに立ち続けた。柴田勲コーチが全幅の信頼を置く司令塔だ。

 インターハイで再び準決勝に進出するも、4度の延長戦の末に福岡大学附属大濠高校(高校総体1/福岡県)に敗北。柴田コーチは祝の出来に対して「期待している分だけ、もっと3ポイントなどで攻め気を出して引っ張ってもらいたかったし、欲を言えば最後までグイグイコートを走り抜けてほしかった」とコメントしている。自分で行くべきところとチームメートに攻めさせるところ。司令塔なら誰しもが抱える大きな命題に、祝はどのような答えを出すのか。

 福大大濠戦後、祝は「3位になったということに絶対おごらない。むしろ全然満足していないし、絶対金メダルしか欲しくないんで」と言い放った。その強い意志を実現させるための最後の戦いが、いよいよ始まる。

文=青木美帆