2017.12.14

【日本バスケ界のネクストスター】ウインターカップ2017注目選手「最後の冬にかける琉球の怪物を見逃すな!」平良陽汰(興南高校)

国内外のバスケ情報をお届け!

 12月23日から29日の期間、東京体育館において、「ウインターカップ2017 平成29年度 第70回全国高等学校バスケットボール選手権大会」が開催される。全国高等学校総合体育大会(インターハイ)、国民体育大会(国体)とともに高校バスケットボール界の三大タイトルであり、ウインターカップは高校最後の王座を争う大会でもある。そして、昨年9月からBリーグが始まったと言えども、高校最後の栄冠を争うこの大会が、国内で最も人気があるバスケットボールコンテンツと言っても過言ではない。バスケットボールキング編集部では、日本バスケ界のネクストスターであり、この大会で注目すべき4人の選手をピックアップした。

 昨年のウインターカップで衝撃的なムーブを見せたあの選手が東京体育館に帰ってくる。沖縄県代表、興南高校の平良陽汰だ。広い視野を持ちたぐいまれなパスセンスを持つ平良。独特のチェンジ・オブ・ペースで相手のディフェンスを翻弄しながらトリッキーなパスを出すプレーには、かつてNBAサクラメント・キングスなどで活躍したジェイソン・ウィリアムスをイメージする人も多いのではないだろうか。

 その平良も高校生として最後の大会となるウインターカップをついに迎えることになった。夏から控え選手の力がアップして、興南はチーム力を高めて東京体育館に乗り込んでくる。それをリードするのが平良の役割だが、見る者の想像を超えたイマジネーションあふれる平良のプレーも見逃すことはできない!

――ウインターカップの本番を間近に控えてチームの雰囲気はどうですか?
平良 チームの雰囲気は多分これまでで一番いいんじゃないかなと思います。夏の段階ではスタート5人で40分をやりきる感じでしたが、今は15人ぐらいでローテーションできるようになりました。みんな強気でアタックしているし、レベルの高い練習ができていると思います。それにスピードに自慢のあるやつからは「俺が走っておくからパス出しな」という声も増えてきました。

――興南はサイズがあるわけではありません。
平良 高さで勝つのは難しいんですけど、その分ジャンプやスピードであったり、相手のチームにはないものを興南はそれぞれの選手が持っていると思います。インターハイの時に感じたのですが、他のチームよりもうちのメンバーが優っている部分がいっぱいあるので、それも活かして勝ちにつなげたいです。

――ポイントガードとして、チームメイトの持ち味を生かすために、どのようなことを意識していますか?
平良 自分はブレイクでのオフェンス(速攻)が一番得意だと思っています。ブレイクでのトレーラーの使い方も、自分の持ち味です。また、セットプレーになったらできるだけボールをシェアするようにしています。

――ブレイクもそうですが、チェンジ・オブ・ペースを意識しているのでは?
平良 気づいた時にはやれるようになっていた感じです。小さいころからストリートバスケが結構好きだったので、自然に身についたのかもしれません。参考にしていたのは『AND1 Mixtape』のビデオです。それを試合で出せるかは自分の意識だと思うので。相手をだまして他のプレーヤーを活かすことを意識してプレーしています。

――その一方で、興南の持ち味はディフェンスにもあります。
平良 はい。ディフェンスはサイズがない分、フィジカルに守ることを意識しています。そして、ディフェンスからブレイクという流れが興南の一番の武器です。

――それが興南のスタイル?
平良 そうですね。やっぱ流れが速いほうがうちのスタイルです。ゲームのリズムが重くなってしまうとスピードのあるオフェンスであったり、ブレイクも出しづらいので、流れを止めずにやることを意識しています。

――ハイスコアゲームを目指したい?
平良 やっぱり多く点数取った時の方が勝っているので、80~90点を目指します。県予選の決勝では豊見城高校と67-66というスコアでした。この試合はリズムが重く、本来のうちのパターンではなかったので、やっぱり得点をいっぱい取ることが重要かなと思います。相手はディレード(ペースを落としたり、ショットクロック24秒ぎりぎりまでシュートを打たないゆっくりとした攻撃)を仕掛けてくることも多いと思いますが、それを打ち破って、自分たちのペースに持ち込みます。

――高校生としてプレーする最後の大会がウインターカップです。チームの目標は?
平良 全国制覇です。でも、その前にメインコート(ベスト8進出)を目指します。1回戦から厳しい相手(高知中央高校/高知県)ですし、2回戦も強豪と当たることになりますが、そこをしっかり勝てれば、波に乗っていけると思います。

――ところで、子供の頃、参考にしていたプレーヤーはいましたか?
平良 特定の人はいません。誰というわけではなく、「こいつすごいな」って思ったら、見て真似をするようにしていました。NBAはよく見ていて、今はダラス・マーベリックスのルーキー、デニス・スミスJr.が一番お気に入りです。

――Bリーグは?
平良 やっぱり(琉球)ゴールデンキングスを中心に見ていますが、選手なら沖縄出身の並里成選手(滋賀レイクスターズ)ですね。すごいなって思います。

――やっぱり沖縄は好きですか?
平良 はい。大好きです!