2017.12.18

ウインターカップ2017「大学生ルーキーたちに聞く、ウインターカップ注目の後輩」重冨友希、周希(専修大学1年)

国内外のバスケ情報をお届け!

昨年のウインターカップを沸かせた選手たちの多くが大学に進学しプレーしている。その中でも、ルーキーながらプレータイムを獲得し活躍する選手たちに、大学バスケで感じたこと、そしてウインターカップで期待する後輩について聞いた。

――大学バスケと高校バスケの違いをどう感じているか?
友希 体の強さを1番感じています。
周希 体の当たりだとか技術の面とかも変わってきて、高校時代やっていたことが通用しなくなってきて違いを感じました。

――今の自分自身の課題は?
周希 試合には出られていないのですが、もっと技術の精度も上げて当たり負けしない体を作って、試合に出た時にチームに貢献できるように今のうちにやっておきたいです。
友希 アウトサイドシュートの確率を上げていきたい。

――専修大学のいいところは?
友希 みんなフレンドリーで先輩も優しいので自分は気に入っています。
周希 先輩たちも自分たちも個性がある人たちが多いチームだと思います。

――大学卒業までの目標は何?
周希 1番になることです。
友希 専修大学でチームを引っ張っていけるような選手になりたい!

――ウインターカップでの注目の後輩は?
友希 2年生の松崎裕樹です。自分の代の時もウインターカップで活躍してます。オールラウンダー的な感じでどこからでも点を取れるので、自分は一番期待しています。
周希 3年生の井手拓実です。自分はガードとしてやっていてその後輩の井手拓実もガードでやっているので同じポジションとして期待しています。

――重冨選手だけが知っている井手選手、松崎選手の秘密を教えてください
友希 松崎選手は面白いです。ギャグとか振ったら何でもやってくれる感じなので自分は振って遊んでいました。
周希 井手選手は先輩を先輩と思わないところがあります。でもかわいいです。

――母校・福岡第一高校に応援メッセージをお願いします。
友希 今年のウインターカップで2連覇達成してください。応援しています。
周希 インターハイでは惜しくも負けてしまったので、高校生最後の大会ウインターカップで必ず優勝できるように頑張ってください。応援しています。

映像・テキスト制作=CSPark