2018.07.18

インハイ男子注目校(1)明成「キーマンは木村拓郎、下級生主体で昨年のリベンジを狙う」

体を張ったプレーでチームに貢献する2年生の木村[写真]=三上太
本格的に取材を始めたのが「仙台の奇跡」と称された2004年アテネ五輪アジア予選。その後は女子バスケをメインに中学、高校と取材のフィールドを広げて、精力的に取材活動を行っている。

8月2日から8月7日にかけて愛知県の一宮市、小牧市、名古屋市で行われる「平成30年度全国高等学校総合体育大会 バスケットボール競技大会(インターハイ)」。『バスケットボールキング』では、今大会の男子注目校8つをピックアップした。

■男子注目校(1)明成高校(宮城県)

 昨年のインターハイ決勝戦は1点差で涙を飲み、その悔しさを晴らすべくウインターカップでは2年ぶり5回目の頂点に立った明成。しかし八村阿蓮(現東海大学1年)ら主力選手の多くが抜け、今年は一からチームを作り直している。それでも抜け目のないディフェンスやしつこいリバウンドとルーズボールへの執念は健在で、オフェンスでも広いスペースを使ったパッシングが随所に光ってくる。

 フィニッシャーとしては、昨年の主力メンバーでもある田中裕也(3年)がいる。得意の3ポイントシュートだけでなく、ドライブやファストブレイクからの得点シーンも増えてきている。また彼の対角として白羽の矢が立ったのは1年生のオールラウンダー、越田大翔。191センチのスモールフォワードで3ポイントシュートだけでなく、果敢なドリブルアタックや激しいリバウンド争いなど、チームに勢いをもたらしている。その越田だけでなく、今年の明成(というより佐藤久夫コーチ)は積極的に1年生を起用している。シューティングガードでは一戸啓吾、パワーフォワードでは加藤陸、浅原紳介らがスタメンに名を連ねることもある。3年生と1年生の橋渡しをし、チームに欠かせないパワーフォワードの木村拓郎(2年)の存在も忘れてはいけない。体を張ったディフェンスや積極的なリバウンド参加、オフェンスではパッシングゲームのつなぎをこなしつつ、ペリメーターのシュートを確率よく沈めてくる。彼が今年の明成のキーマンと言ってもいい。

優勝へはポイントガードの安定性もカギとなる[写真]=三上太

 課題はポイントガードの安定性だろうか。川村亮汰と古川空音(ともに3年)が現状では一歩リードしているようにも見えるが、佐藤コーチのお墨付きをもらっているとはいいがたい。一戸をそのポジションに回すこともあり、また同じく1年生の喜多陸登も頭のいいポイントガードだ。

 昨年、ルーキーとしてスタメンでコートに立った蒔苗勇人の調子が上がってこないのが気になるところ。それでも彼が復調すれば、下級生が多くなるかもしれないが、今年の明成も層の厚い、いいチームになりそうだ。

文=三上太

インターハイ2018 男子のバックナンバー