2018.07.18

インハイ女子注目選手(1)野口さくら(安城学園)「何でもできるエース」

U17女子日本代表に名を連ねる野口 [写真]=三上太
本格的に取材を始めたのが「仙台の奇跡」と称された2004年アテネ五輪アジア予選。その後は女子バスケをメインに中学、高校と取材のフィールドを広げて、精力的に取材活動を行っている。

8月2日から8月7日にかけて愛知県の一宮市、小牧市、名古屋市で行われる「平成30年度全国高等学校総合体育大会 バスケットボール競技大会(インターハイ)」。『バスケットボールキング』では、今大会の女子注目選手8人をピックアップした。

■女子注目選手(1)野口さくら(3年/安城学園/愛知県)

 早生まれのため3年生ながらU17女子日本代表にも名を連ねる野口さくら。持ち味は何といっても180センチを超す身長がありながら、自らのドリブルで自陣からボールを運び、そのままシュートに持ちこむ「コースト・トゥ・コースト」ができるところだ。細かなドリブルもできるため、多少のプレッシャーディフェンスなら突破することができる。もちろん身長を活かしたポストアップからのインサイドプレーやミドルレンジのシュート、3ポイントシュート、そしてドライブと様々な形でフィニッシュに持ちこめる。それらをディフェンスによって見極められるのも野口の特長だ。

 気持ちにプレーが左右されるところも見受けられるが、集中した時の勝負強さはまさにエースたるゆえん。東海ブロック大会の決勝戦で桜花学園高校(愛知県)を相手に31得点を挙げたのは圧巻だった。

 インターハイではマークが厳しくなると予想されるが、彼女もそれは十分に織り込み済み。「ディフェンスが寄ってきた時にしっかりとノーマークを見つけられて、そこにパスをさばけるようになるのが課題です」

 昨年のウインターカップではあと一歩のところで頂点に立てなかった。それだけに地元開催のインターハイでその借りを返したいと考えている。

積極的なドライブも得意としている [写真]=三上太

文=三上太

インターハイ2018 女子のバックナンバー