2018.12.11

ウインターカップ男子注目校(1)開志国際(総体1)「初出場の夏王者、『凡事徹底』を貫けるか」

開志国際は今夏のインターハイを制し第1シードを獲得した[写真]=山口剛生
本格的に取材を始めたのが「仙台の奇跡」と称された2004年アテネ五輪アジア予選。その後は女子バスケをメインに中学、高校と取材のフィールドを広げて、精力的に取材活動を行っている。

12月23日から29日の期間、武蔵野の森総合スポーツプラザにおいて、「SoftBankウインターカップ2018 平成30年度 第71回全国高等学校バスケットボール選手権大会」が開催される。全国高等学校総合体育大会(インターハイ)、国民体育大会(国体)、そしてウインターカップを高校バスケ界の3大タイトルとしているが、ウインターカップは最も注目度が高い大会でもある。バスケットボールキングでは、そんな“真の年間チャンピオン”を決する冬の祭典を前に、今大会で注目すべき男女各5チームをピックアップした。

■男子注目校(1)開志国際高校(高校総体1/新潟県)

 3年ぶり2度目の出場となった今夏のインターハイで初優勝を遂げた開志国際高校。チームを率いるのは、男子日本代表でもある千葉ジェッツ所属の富樫勇樹の父・英樹コーチだ。その富樫コーチが今年、体育館に掲げたテーマは「凡事徹底」だった。「誰もができることを徹底しようという意味です。じゃあ、徹底とは何か?極めるってことです。ただやるだけではダメなんです。誰もができることを、追随を許さないくらい極めようと。そのために基本を大切にしてきました」。

 そうして実を結んだのが今年のインターハイというわけである。

 チームのスタイルは「ディフェンス、リバウンド、ディフェンス、リバウンド、そしてファストブレイク」と言うほど、ディフェンスとリバウンドに徹底している。実際、インターハイの決勝戦でも中部大学第一高校(愛知県)が追いあげてきたときにディフェンス、リバウンド、ファストブレイクという自分たちの色を出すことができた。「(タイムアウトで)選手たちがベンチに帰ってくると、みんなが『走るぞ、走るぞ』と言っていたので、これはチームの勝利だなと感じました」。

 チームを引っ張るのはリーダーシップの強い小池文哉と、勝負強さが光る小栗瑛哉(ともに3年)の“ダブルキャプテン”だ。彼らがチームに安定感をもたらし、さらに202センチのジョフ・ユセフ(2年)が高さとうまさで攻撃の起点となる。さらにインターハイの決勝戦でチームカラーのファストブレイクを体現した197センチのフォワード・和田蓮太郎(3年)や、1年生ながら高い得点力を見せるジョーンズ大翔らもいて、フロアバランスは良い。

 創部5年目にして、実は初出場というウインターカップでも「凡事徹底」を貫けるか。それができれば、選手層も厚いチームだけに、夏との2冠は十分に考えられる。

文=三上太

――――――――――――――――――
ウインターカップ男子注目校(2)東山(京都)
https://basketballking.jp/news/japan/highschool/20181213/119263.html

ウインターカップ男子注目校(3)中部大第一(総体2)
https://basketballking.jp/news/japan/20181216/119255.html

ウインターカップ男子注目校(4)明成(宮城)
https://basketballking.jp/news/japan/highschool/20181218/119286.html
――――――――――――――――――
ウインターカップ男子注目選手(1)中村拓人(中部大第一)
https://basketballking.jp/news/japan/highschool/20181210/119229.html

ウインターカップ男子注目選手(2)三谷桂司朗(広島皆実)
https://basketballking.jp/news/japan/20181212/119249.html) 

ウインターカップ男子注目選手(3)田中裕也(明成)
https://basketballking.jp/news/japan/highschool/20181214/119234.html

ウインターカップ男子注目選手(4)松崎裕樹(福岡第一)
https://basketballking.jp/news/japan/highschool/20181217/118809.html

ウインターカップ男子注目選手(5)小栗瑛哉(開志国際)
https://basketballking.jp/news/japan/20181219/119223.html
――――――――――――――――――
ウインターカップ女子注目校(1)桜花学園(総体1)
https://basketballking.jp/news/japan/highschool/20181211/119217.html) 

ウインターカップ女子注目校(2)大阪薫英女学院(大阪)
https://basketballking.jp/news/japan/20181213/119318.html

ウインターカップ女子注目校(3)八雲学園(東京)
https://basketballking.jp/news/japan/highschool/20181213/119281.html

ウインターカップ女子注目校(4)四日市商業(三重)
https://basketballking.jp/news/japan/20181216/119927.html
――――――――――――――――――
ウインターカップ女子注目選手(1)池田沙紀(岐阜女子)
https://basketballking.jp/news/japan/highschool/20181210/119324.html

ウインターカップ女子注目選手(2)樋口鈴乃(精華女子)
https://basketballking.jp/news/japan/highschool/20181212/120240.html

ウインターカップ女子注目選手(3)野口さくら(安城学園)
https://basketballking.jp/news/japan/highschool/20181214/121431.html

ウインターカップ女子注目選手(4)星杏璃(昭和学院)
https://basketballking.jp/news/japan/highschool/20181217/104770.html

ウインターカップ女子注目選手(5)平下愛佳(桜花学園)
https://basketballking.jp/news/japan/highschool/20181219/119322.html
――――――――――――――――――
ウインターカップ2018 特設ページ
https://basketballking.jp/wintercup2018

ウインターカップ2018のバックナンバー