2019.01.15

Wリーグがアーリーエントリー選手発表、安城学園の野口さくらはシャンソンへ「新人らしくひたむきに」

安城学園のエース・野口はシャンソン化粧品 シャンソンVマジックへ[写真]=山口剛生
国内外のバスケ情報をお届け!

 Wリーグは1月15日、18日より出場可能となるアーリーエントリー選手7名を発表した。

 アーリーエントリーは、競技者が申請チームとの雇用契約あるいは入団契約が内定した場合に限り、入社および入団前にエントリー(競技者登録)できる制度のことを指す。

 シャンソン化粧品 シャンソンVマジックには、アンダーカテゴリー代表にも名を連ね「SoftBankウインターカップ2018 平成30年度 第71回全国高等学校バスケットボール選手権大会」にも出場した野口さくら(安城学園高校)、拓殖大学の水野妃奈乃が加入。トヨタ紡織 サンシャインラビッツは齋藤麻未(日本体育大学)、中野由希(福岡大学)、東藤なな子(札幌山の手高校)の3名が入団した。また、専修大学の渡部友里奈はデンソー アイリスへ、千葉歩は新潟アルビレックスBBラビッツにそれぞれ加入する。

 同リーグはリリースをとおして、各選手のコメントを発表。シャンソンへの入団が内定した野口は「新人らしく泥くさく、ひたむきに頑張ります!!そして感謝の気持ちを忘れずに全力でPLAYします!」とコメントした。

■第20回Wリーグ アーリーエントリー選手
シャンソン化粧品 シャンソンVマジック
水野妃奈乃(拓殖大学)、野口さくら(安城学園高校)

トヨタ紡織 サンシャインラビッツ
齋藤麻未(日本体育大学)、中野由希(福岡大学)、東藤なな子(札幌山の手高校)

デンソー アイリス
渡部友里奈(専修大学)

新潟アルビレックスBBラビッツ
千葉歩(専修大学)